Category Archives : 2012 ボスニアヘルツェゴビナ

スポンサーサイト - --/--/--(--)
ハイライト - 2012/08/15(Wed)
そう、夕方にドゥブロブニクを後にして、向かった先は次の国ボスニア・ヘルtェ  ごめんなさい、ボスニア・ヘルツェゴビナです!そこの何年か前にテレビで見た事があるモスタルと言う場所。とても印象に残ったのを覚えてる。それほど大きくない川にかかる石の橋。そこから飛び込む人。民族と宗教が混在する町。そして悲しい紛争の傷跡。ずーっと前から、町の名前は忘れてたけど、興味があった場所です。これがその橋、スタリーモ...
銃痕 - 2012/08/16(Thu)
ボスニアヘルツェゴビナには主に3つの民族が住んでいました。1つはムスリム人、2つはセルビア人、3つはクロアチア人。3つの民族は絶妙なバランスを保って、同じモスタルの町に住んでいました。それぞれ違う人種同士で友達であり、時には結婚し、家族でもありました。そして1992年、紛争が始まります。きっかけはユーゴスラビアの解体。国家として独立する動きの中で、独立を阻止したいセルビア人勢力、異民族を追い出し、...
世界史の勉強 - 2012/08/18(Sat)
あこがれのモスタルから電車で3時間ほど。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボに到着。駅に着くと早速「泊まる場所探してる?」って客引きが来たので、とりあえず見てみる事に。感じの良い家族で、素敵な庭と静かな環境、キッチン冷蔵庫、wifi、一通りそろって1泊10ユーロ。ここに決めた。お父ちゃんは紛争前にドイツに出稼ぎに行ってた。お母ちゃんは紛争が始まってサラエボの地下トンネルを通って逃げたそうです。二人と...
20年前の出来事 - 2012/08/19(Sun)
もう少しだけボスニアの紛争の話をさせてください。サラエボにはスナイパー通りと言う通りがあります。今は車もトラムもガンガン通っているどこにでもあるような大通り。20年前にこの通りを横切る事は死を覚悟することだった。周りを山に囲まれたサラエボの町は、いたる所にスナイパーが配置され、動くものは何でも狙撃の対象となった。銃を持たない市民も、子供であっても老人であっても。今から20年前の1992年、ユーゴス...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。