Category Archives : 2013 ベネズエラ

スポンサーサイト - --/--/--(--)
さらにブラジル通過で - 2013/08/21(Wed)
ボアビスタに1泊。あるのは奇抜な教会と、金売ります買いますの店。ほら、何~にも無い町。気兼ね無く通過できますね。ブラジルの長距離バスターミナルは、Terminal de Rodoviaria(ホドビアリア)と呼ばれています。ベネズエラ行きのバスは、朝7時にボアビスタの長距離バスターミナルから出てます。前日に出発時間も値段も聞いてたにも関わらず、我々は「朝早いのしんどいよねー。もっと遅い時間にも出てるっしょー」と言う結論...
ベネズエラの闇レート - 2013/08/26(Mon)
サンタエレナデウアイレンに到着した我々はホステルバックパッカーズにチェックイン。お値段は嬉しい1泊300円以下。久しぶりにネット環境もある。ここでベレンで分かれた、タクジさんと合流。一緒にロライマ山に行こうと言う話になってたので、かなり待たせてしまった。スミちゃんはエンジェルフォール見に行ってるみたいで、近いうちに帰ってくるらしい。と言う事なので、俺とナオ君もちょっとのんびりさせてもらおうか。ギア...
1日目、ロライマトレッキング - 2013/08/27(Tue)
何やかんやで行ける事になったロライマトレッキング。ロライマ山とは、ギアナ高地にあるテーブルマウンテンのうちの一つ。比較的気軽に登る事の出来るテーブルマウンテンです。ギアナ高地とは、地質的に世界最古の地層が残ってる場所。そう、学校で習ったプレートテクトニクスやら何やかんやの話になるわけです。かつて1つだった大陸が分裂して現在の世界地図の様になったわけですが、何の因果か、この場所は移動せずにその場に留...
2日目、ロライマトレッキング - 2013/08/28(Wed)
ロライマトレッキング2日目。朝御飯を食べて出発。今日は出発してすぐに川を2本渡る。雨季で水量も多いから、足をとられないように。くれぐれも足を滑らして川に流されないように細心の注意を払い、ヒザの上まで水に浸かりながら渡りました。川底の石はコケでヌルヌルしてるから、裸足じゃなく靴下を履きます。これマジで滑らないです。後日、体を洗いに川へ裸足で行って、派手に滑ってこけたから、実証済みです。川を無事に渡り...
3日目、ロライマトレッキング - 2013/08/29(Thu)
3日目は日の出と共に起床。晴れたよー!今日もこの4人で頑張って行きましょう。あっ、これ俺と違うわ。この4人で頑張って行きましょう。晴れたよー!あ、これさっき言ったわ。今日は一気にテーブルマウンテンの上まで約1000mの高低差を一気に登ります。垂直の壁をどうやって登るの?と思ってたけど、あるんですね道が。急斜面の上り坂が。この登山道があるからこそ、ロライマ山には気軽に登る事が出来る。道が無いテーブル...
4日目、ロライマトレッキング - 2013/08/30(Fri)
この日は1日中ロライマ山の上の色んな場所を見て回ろうという日です。テーブルマウンテンの上満喫の日とでも言ぅときましょうか。朝一からガイドのアレックスのジョーク、「キミ達の朝食はコーヒーだけだよ」をいただいてから朝食です。朝から彼は、仕事熱心。朝一に向かったのはクリスタルバレークリスタルバレーと聞いて、めっちゃ楽しみにしてた場所です。全国の山田を代表してクリスタルで描いてきました。クリスタルがただの...
5日目、ロライマトレッキング - 2013/08/31(Sat)
果たして持ってるのか、持ってないのか。運命の朝です。「また天気の良い時期に来ればええやん。」て言って来れる場所じゃないからなぁ。日の出前、5時過ぎにキャンプ地を出発して。早歩きでビューポイントの「ラ・ベンタナ」に向かう。今、天気が悪いからと言ってあきらめずに、とりあえず行ってみる。ロライマ山では、これ大事。そして30分後到着。雲は多いけど、晴れ間も見えてる。下から雲が湧き上がってくる様子も無い。後...
6日目、ロライマトレッキング - 2013/09/01(Sun)
最終日。天気良し。今日ロライマ山頂に居る人達は最高だろうなー。でも、不思議と悔しくは無い。今日とは違う、昨日の最高の景色を見れたから。←ええ事言うた。夜明け前にちょっとした丘に登って、おはようパノラマ。もうパノラマ撮影マスターしました。思い出が走馬灯の様によみがえってきます。初日の期待。ワクワクしたなー。2日目、悪天候への不安。雨とガス辛かったなー。3日目、テーブルマウンテンの頂上に立った感動。フ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。