Category Archives : 2014 チリ

スポンサーサイト - --/--/--(--)
それではチリに移動 - 2014/01/10(Fri)
ウユニ塩湖満喫したー。ウユニ塩湖良かったー。ウユニ塩湖感動したー。もうええかな?じゃぁ移動です。早朝4時発のバスなので、早朝に宿を出てバス乗り場まで歩いてく。毎日じゃないけど、クルスデルノルテと言う会社のバスがチリのカラマと言う町まで出てます。グラベルの道をガタガタしながら走る事数時間でボリビアのイミグレーションに到着。出国スタンプをもらってボリビアさようならです。抜けるような青空と、頂に白い帽子...
サンチアゴ - 2014/01/13(Mon)
疲れたけど、無事にサンチアゴに到着し、タレスホステルにチェックイン。歴史地区にあり、周りの雰囲気はなかなか良い感じです。それと、オーナーのスコットのキャラが面白い。自分で勝手に洗濯出来ないのが難点だけど。でも、ちゃんとモアイ像はあります。本家イースター島から運ばれてきた本物だと思う。物価の高いと言われるチリ。大きなスーパーで価格調査してみると、確かに高い。けど、市場へ行けば物価はそれほど高くは感じ...
脱サンチアゴ - 2014/01/28(Tue)
宿から自転車で1時間走ってサンチアゴの新市街にも行きました。でっかいホームセンターがあるけど、特に買うものは無かった。宿では色々な物をみんなにもらいました。ゆうた君からは防水バッグ。モモちゃんからは折りたたみバケツ。フランス人のおっちゃんからはブランケット。チリ人のおばちゃんからはバッグとお守りの銀の指輪。ありがたやー。オイラ頑張るよ!...
プエルトモン - 2014/01/29(Wed)
何とかバスに自転車を積んでプエルトモンまで無事たどりついた。とりあえず荷物と自転車を端っこに運んで、前輪を組み立てて荷物を積んで動き出しました。バスターミナルを出て、宿を探します。自転車を漕ぎ出します。バランス悪っ!相変わらずフラフラしながらゆっくり走り出しました。これは荷物の積み方をもう一回考え直さないとな…早速上り坂の辛さを味わい、下り坂の恐ろしさを味わい、宿を探して回るが、どこもかしこも高い...
早速 - 2014/01/30(Thu)
どんよりと曇り空で、今にも雨が降り出しそうなプエルトモンを出発。こんな天気の日に、出発するべきかどうか迷ったけど、出発します!なぜなら、最初のうちにツラいのを味わっておけば、それから先は良くなるしかないから。学生の時に自転車で日本一周した時の教訓です。思ってた通り、雨が降り出した中、坂を登って、5号線に出ます。まだまだ運転に慣れないので、フラフラする。あまりにも不安定なので、結局バックパックは中に...
疲労 - 2014/01/31(Fri)
夜中ちょっと寒かったけど、よく眠れた!雨が降ったみたいで、ビニールシートは水滴だらけでした。昨晩のご飯の残りを温めて食べて、さぁ出発とはいかず。慣れないパッキングに時間を費やして、荷物積むのに手間取って、ようやく出発。今日も天気は雨がぱらついたり、青空が出たり、目まぐるしく変化する天気です。でも昨日よりはマシ。そう、もう一度言いますが、最初に悪い天気を味わったので、これからは良くなる一方なのです。...
カストロ - 2014/02/05(Wed)
どうやら昨日の野宿ポイントは、カストロの町から40キロほどの場所だったみたいです。昨夜も雨が降ったみたいで、荷物が濡れてました。朝食を食べ、時間をかけてパッキングして、自転車に荷物を積んで出発です。今日も快調に走って昼にカストロの町に到着。海沿いには高床式のカラフルな家々が立ち並ぶ。あれです、京都の伊根町の舟屋を連想させてくれます。そして、この町もどうやら丘の上にあるらしく、最後は登り坂でした。で...
面倒だけどケジョンへ - 2014/02/06(Thu)
さぁ、行くつもり無かったケジョンへ行かなくてはなりません。あぁ面倒臭い。カストロからケジョンまでは大体90キロってところかな?昔、ママチャリで日本1周した時には1日170キロ走った事があるので、90キロなんぞあっと言う間ですよね。大丈夫ですよね?多分。大丈夫と言って!と言うわけで、朝はちょっとのんびりしてから出発。そして、少し寄り道して教会を見ていきます。ネルコン教会。相変わらず独特の形をした教会...
ルート7、アウストラル街道 - 2014/02/08(Sat)
朝の9時半頃、チャイテンの町が見えてきました。地図で見ると、大きそうな町なのに、何かさびれてる気がするなぁ。天気のせいかな?どんよりとしてる。船着が着く場所も何と言うか…ただのコンクリートのと言うか。町中には至る所に廃墟が目立ち、ゴーストタウン化している。んー何故?実は、このチャイテンの町は何年か前に災害にあってます。近くの火山が噴火して、町は火山灰に埋もれてしまったらしいです。そしてほとんどの住...
早速トラブル - 2014/02/09(Sun)
ラフンタまであと少しの所。沿道のヒッチハイカーに励まされ、頑張って坂を登ろうとギアを軽いギアに変速した時にそれは起こりました。ガキッ!と言う音がして、ペダルに衝撃が走り空回りする。すぐに自転車を降りました。チェーンが外れたんかな?と思って確認すると、衝撃の光景が目に飛び込んできた。変速機がへし折れてるやないですか!こんなんなってますけどー(笑)これはどうにもならん。と、自転車を押してラフンタの町ま...
峠 - 2014/02/10(Mon)
今日は朝からすこぶる調子が良い。そう!変速ギアが無ければ無いで、何とか走る事は出来る。上り坂は歩けば良いんだし。平坦な道も未舗装路でそんなにスピード出るわけでも無いんだし。気持ちが切り替わり、心が軽くなりました。さぁ、行きましょう。今日も進めるだけ進みましょう。走り出しは、平坦で道の状態も悪くなく、心地よいスピードで走り出す。あー気持ち良いなー。が!そんな道が続くわけがない。すぐにアップダウンが始...
カサデシクリスタ - 2014/02/14(Fri)
地図を見る限り、今日の行程はかなり楽なハズ。朝、天気も良く、清々しい気持ちで走り出す。今日は、やさグレたりしないぞ。と心に誓って。朝一からこの景色。心が浄化されて行くー。何か昨日もこんな事あった気がするけど…とにかく交通量が少なく、車もほとんど通らない、大きなアップダウンも無い、むしろ下り気味か。気持ちの良い道でした。こんな道を走る。ちなみに、これは進む方向じゃなくて後ろの景色です。チラチラ振り返...
大都市 - 2014/02/18(Tue)
すっかり調子の良くなった自転車で次に向かうのはコイアイケと言う町。アウストラル街道で最大規模の町です。そして、このアウストラル街道の始点であるプエルトモンと、終点であるオイギンスとの丁度半分くらいの場所にあります。出発の日、うだうだのんびりして昼過ぎにビジャマニワレスを出発。コイアイケまでは1日で行くか、2日で行くかと言う距離(90kmくらい)なので、2日かけて行く事にします。だからのんびり出発し...
セロカスティージョ村へ - 2014/02/19(Wed)
夕方になって、コイアイケの町を出発しました。そして町の出口の看板に書いてあったアウストラル街道の表示に沿って曲がって、ぐわーっと下って川を越え、ぐわーっと登ってる最中に異変に気付き、人に聞いて、道を間違えた事が判明。看板にアウストラル街道って書いてあったんだけど、ちがう方向へ行く道だったみたいです。ただ単に真っ直ぐ行けばよかったみたいです。勢いよく下って来た道を、とぼとぼ自転車を押して登る。俺はア...
山を歩く - 2014/02/20(Thu)
いやー、朝は寒い。日の出前に起きて、もうすこし山奥に進んだ場所に行きます。テントに荷物を置いて、身軽な状態でガンガン歩く。むしろ小走り。30分程で到着。ここもキャンプ場所になっているみたいだけど、人っこ一人居ませんでした。誰も居ない場所でパノラマ独り占めです。8時頃になって朝陽が山を照らし出した。完全に無音の世界でした。何か足冷たいなーって思ってたら、霜がおりて凍ってます。パタゴニアの短い夏が終わ...
トランキーロ村へ - 2014/02/24(Mon)
セロカスティージョのトレッキングから帰って来た俺の足は、ちょっと筋肉痛です。自転車乗るのと、歩くのでは使う筋肉違うんやろうな。かよこさんに教えてもらった町中(村中?)の宿に移って休憩です。名前忘れた…テント1泊3500ペソ。ホットシャワー、キッチン、Wifi有り。裏庭のビニールハウスで栽培してるハーブ等、採って使い放題。小屋の中にテント建てさせてもらい、これで雨も風も怖くない快適生活開始。翌日、強風で...
絶景の道 - 2014/02/26(Wed)
今日も余裕をかまして昼過ぎに出発。次の目的地はアウストラル街道で3番目に大きな町コクラン。どうせ1日で行けやしないので、2日かけて行きます。走り出してすぐに坂を登り、そして広がるこの光景。何なんだ?この毒々しい色は。これからは毒の湖と呼ぶ事にします。毒の湖沿いの道はアップダウンがやたら多い。登っては下って、下っては登るという。それと、道が悪い。ガタガタじゃなく、ボッコンボッコンと言うべきか。とにか...
トルテルとユンガイ - 2014/03/01(Sat)
いつも通り余裕をかまして昼過ぎにコクラン出発。次の目的地までもどうせ2日かかるもんな。相変わらずの悪路と格闘しながら走ります。交通量は少ないけれど、たまに通る車の砂埃を存分に浴びながら。途中から、一気に下る。風も強く、恐ろしい下り坂でした。ゆずの夏色じゃないけど、ブレーキをいっぱいににぎりしめながら。でも、荷物をいっぱい積んだ自転車は止まらない。止まらないものは止まらない。坂を下りきった辺りに絶好...
ビジャオイギンス - 2014/03/05(Wed)
快適な小屋で快適な夜を過ごして、翌朝元気に出発です。アウストラル街道の終点オイギンス村まであと2日。ラストステージ突入です。走り出しはすごく快調でした。道もそれほど悪く無いし、平坦だし。しかしそんな道は長くは続かず、悪路と2つの峠越えが待ってました。最後の峠を越えて、下り。ここから先は大きなアップダウンは無く、湿地帯の横の真っ直ぐな道を快調に走ります。それにしても、この道の交通量の少なさ。本日見か...
噂の国境 - 2014/03/06(Thu)
港泊2日目の朝。だんだんと人が集まって来ました。どうやら今日は出航するみたいやな。この自転車の数!多分20台くらいあったんじゃないだろうか?みんなアウストラル街道を走って来たんですね。以前会ったサイクリスト達何人かと再会しました。俺と同じペースって事は、きっとのんびり屋さん達なんでしょう。船の屋上に上がると、朝陽がポカポカして暖かい。穏やかです。11時半頃にカンデラリア港に到着。港付近は山が風を遮...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。