Category Archives : 2014 ペルー

スポンサーサイト - --/--/--(--)
クスコのパレードその1 - 2014/06/11(Wed)
目まぐるしく移動して、クスコに到着しました。ここでも以前泊まってたホステルプーマにチェックインです。やっぱり以前来た事のある場所は大体どこに何があるか分かるし、宿探しとかもしなくて良いから楽。その代わり、初めての場所を訪れる時に味わう”ドキドキワクワク感”は無いけど…何はともあれ、クスコに到着しました。前に来た時と違って、乾季だから青空が広がってます。今回、慌しく移動しまくってクスコに来た目的は、祭...
クスコのパレードその2 - 2014/06/14(Sat)
まだまだパレードは続きます。何のパレードなのか、名前も分からんけどな!果たしていつまで続くのか…日を重ねるにつれて、だんだんと踊り手達の年齢層も上がって来ました。それと共にパフォーマンスのクオリティもグッと上がっていきます。見物人の数もワーっと増えて、盛り上がり方もガーッと盛り上がります。謎のマスク軍団も登場。この後、独特の音楽と共にムチでお互いの足をしばき合うというパフォーマンスを披露してくれま...
コイヨリッティ - 2014/06/15(Sun)
いよいよ祭りへ向かいます。コイヨリッティと言う祭りで”星と雪の祭り”という、何ともロマンチックな呼ばれ方をしてる。標高4000mを超える山中に沢山の人々が集まって3日3晩踊り明かすという。祭りの会場へ行くには、先ずクスコからバスでMahuayaniと言う場所へ向かいます。バス乗り場はアルマス広場から東に歩いて15分くらいの場所にある大きな病院の角から出てます。満員発車方式のバスで20ソル。5時間ほどの道のり...
コイヨリッティ2 - 2014/06/16(Mon)
朝です。たまに凍死者が出ると言うこのコイヨリッティ。確かにめちゃめちゃ寒かったです。テントはもちろん、バケツの水もペットボトルの水もパリパリに凍ってました。前も言ったかもしれないけど、俺の寝袋は夏用のペラペラなヤツ…決して山をナメてるわけじゃないよ。とにかく、まぁ何が言いたいかと言うと、凍死しなくて良かった。...
コイヨリッティ3 - 2014/06/18(Wed)
夜は鍋に湯を沸かし、湯たんぽとして抱いて眠りました。それくらい寒かったのです。一晩中ロケット花火が打ちあがり、踊りの音楽が鳴り響き、ちょっと寝不足なのです。ちょっと…ほんのちょっとだけ…ウンザリしてきたのです。とにかく、今日という一日が始まりました。日の出前はそこら中から湯気が立ち上り、会場の谷全体が霞みます。朝飯の仕度やね。実は今日がコイヨリッティ祭りのメインの日なので、にぎやかです。山の方から降...
インティライミ - 2014/06/24(Tue)
6月のクスコ近辺は祭り一色という感じ。夜になると、頻繁に花火も打ちあがります。クスコの町の中心地アルマス広場も音楽のライブ会場になったり、教会にプロジェクトマッピングでビールの広告が浮かび上がったりします。バチ当たりな事です。クスコパレードとコイヨリッティが終わったばかりなのに、また次の祭りが開催されます。次の祭りはインティライミと言うヤツ。別名”太陽の祭り”と呼ばれるインカ帝国時代の豊作祈願の祭り...
遥かなるマチュピチュへの道 - 2014/07/04(Fri)
いよいよかの有名なマチュピチュ遺跡に向かいます。クスコからマチュピチュに行くには、・電車で一気に行く。・車でマチュピチュ村の近くまで行き、そこから歩く。・サルカンタイの峠を越えて歩いて行く。主にこの3つである。せっかくテントも調理器具もあるから、サルカンタイを超えるルートからトレッキングで行く事にします。マチュピチュまでは4~5日かかるらしいので、約1週間分の食料担いで歩きます。朝、バスターミナル...
サルカンタイ峠 - 2014/07/05(Sat)
おはようございます。朝はテント凍ってパリパリです。標高上がったからやっぱり寒いです。テントたたんで、いざ出発!言う時に、どこからともなくオッサンが近寄ってきて、「キャンプ場使ったから、チップちょうだい。」って来たけど、怪し過ぎるので、払いませんでした。何も言ってこなかったので、ただのタカリだったんだと思う。ソライパンパを出発して、早速朝の山を撮ろうとしたら、ど逆光なんですけど。でも天気良いからOK...
マチュピチュに至る - 2014/07/07(Mon)
静かな山奥でぐっすり眠りました。さぁ、今日はどこまで進めるかな?本日はしょっぱなから下り道。暑い中ガンガン下ります。昨日までの山の寒さがウソの様な気候です。逆光でまぶしいけど、この谷を1時間ちょっと下ってきました。昨日、側を通ってきた雪山は遥か遠くにかすんでます。やっぱ下りは早いのー。何や、この集落には人間は居らんのか?と錯覚してしまいそうな程静かな馬の集落を過ぎ、谷沿いにずーっとゆるやかーに下っ...
マチュピチュ観光 - 2014/07/09(Wed)
いよいよマチュピチュ遺跡を観光する日がやってきました。朝6時、まだ真っ暗な中をヘッドライトの明かりを頼りに少し歩いて、橋の手前にあるチェックポイントで門が開くのを待つ。出来れば人の少ない朝一番に入場したいから。考えることは皆同じ。既に多くの人が行列を作ってました。パスポートと遺跡入場チケットのチェックを受けて、入場です。ここから遺跡まで石段を登ります。バスも走ってるので、バスでも行けるけど、結構な...
クスコから抜け出せるか? - 2014/07/30(Wed)
パレードも終わり、コイヨリッティも終わり、インティライミも終わり、マチュピチュも行った。見たい物は見たし、心残り無し。クスコは路上演奏に対してうるさいから、あんまり稼げないのです。中心広場付近でやろうとしたら、すぐに注意されて立ち退かされます。夜9時以降、注意する人が居なくなってからは、中心部でも演奏できるけど、人通りも少ないし。何より寒くて指が動かない。だから路上演奏ヤル気もあんまり沸かない。そ...
アレキパ - 2014/08/01(Fri)
朝プーノを出発して、夕方にアレキパ到着。いやー、標高下がったから暖かい。そんな事はどうでもええか、とりあえず宿に向かうか。バスターミナルからタクシーを使って街の中心へ。とりあえず、街の中心地にある宿にチェックインしました。Hostel La Reyna ドミトリー18ソル。はぁ、今日は移動で1日終わり。ちょこっとだけ散歩して終了。でっかい教会がこの街のシンボルと見た!晩御飯食べてから宿に戻って、テラスからアレキ...
アレキパで沈没寸前 - 2014/08/12(Tue)
サンドラの家での生活が始まりました。1泊25ソル。サンドラ母さんの作る朝食と夕食付きです。日本人旅行者とも会えて、寂しさも消えました。何や?ここにきてホームシック気味か?当初アレキパには2~3日の滞在かなと思ってたけど、結局10日程の滞在となりました。やっぱりこうなるんやな。アレキパには歩行者天国がある。そう、路上演奏に最適の環境が整ってるので、行きます。仕事します。が、やっぱり注意されました。初...
南米5大都市リマ - 2014/08/15(Fri)
アレキパからバスに揺られて約20時間。ペルーの首都リマに到着しました。リマは南米5大都市に数えられる規模を誇る都市です。南米5大都市とは、ブエノスアイレス、サンパウロ、リオデジャネイロ、ボゴタ、リマの5つ。たまには勉強になる日記でしょう。リマにはバスターミナルが無く、バス会社によって着く場所がバラバラです。到着して「ここはどこ?私は誰?」状態になるんじゃなかろうかと不安。しかも大都市なので恐らく治...
ワラス到着 - 2014/08/20(Wed)
リマからワラスへ、バスはクネクネとカーブを曲がりながら走る。猛スピードで曲がるから体に結構な横Gがかかる。浅い眠りでした。うー、眠たい。バス降り場から目指すはHostel el Tambo。旅仲間にオススメしてもらった宿です。住所はAv.Contraternidad Internacional Oeste No122スタジアムの前の小道を少し入った突き当たり右側の門を奥に進んだ場所にある。なかなか分かり難い場所で、迷いました。ドミ10ソル、コストパフォー...
サンタクルス谷トレッキング・1~2日目 - 2014/08/23(Sat)
風邪の具合は大分良くなったので、病み上がりだけど行きます。さてさて、1発目のトレッキングの行き先はサンタクルス谷ブランカ山群北部のメジャーなルートであるサンタクルス谷から、ポマバンバに抜けて、アルパマヨ北東、北西壁を見て帰って来るというルートに決めた。キャンプ道具は持ってるので、あと必要な物は、・食料(米、豆、野菜、お菓子、パン、ジャム)・水質浄化剤(Micro Puraと言う錠剤で、1錠0,6ソル。薬局で...
サンタクルス谷トレッキング3日目~5日目 - 2014/08/26(Tue)
テント凍ったー。寒かったー。3日目、はりきって行きましょう!相変わらず喉の調子が悪いけど…正面にTaullirajuを見ながら今日も歩きます。本日は朝一から峠が待っております。所々つづら折れの急な登りを繰り返し、高度を上げて行きます。荷物が肩に食い込みます。空気が薄いので、ちょっと登るとすぐ息切れで苦しくなります。でも負けない、男の子だもん!ちょくちょく休憩をはさみながら登ります。休憩終わったら?もちろん登...
サンタクルス谷トレッキング6日目、7日目 - 2014/08/28(Thu)
昨日は半日のんびり過ごして、夜はたっぷり寝て、完全にリフレッシュ。風邪も治ったし、快調、快調、快調。朝8時に出発します。山奥に向かって歩き出します。ポマバンバの町が標高3000m下回ってるから、今日は高低差1000m以上の登りか…先ず目指すべき場所はJancapampa(ハンカパンパ)と言う場所。人に聞けば大体教えてくれます。しばらく車道を歩いて登って行くと、水路があるので、そこからは水路沿いに歩く。平坦な...
サンタクルス谷トレッキング8日目 - 2014/08/29(Fri)
昨日は雲の中に隠れて拝めなかったアルパマヨ山は今朝はどうでしょうか?朝起きて、寝袋から這い出して、どきどきしながらテントのファスナーを開きますおっ!?青空が見えるじゃないか。けど、山は雲の中か…出そうで出ない、見えそうで見えない感じなので、逐一山の方に注意を向けながら朝ごはんを食べる。チラチラと山をチェックする。んー、もうちょっとで出そう。チラチラあー!出てる出てるー!一瞬だけ雲が晴れて出ました。...
サンタクルス谷トレッキング9日目~10日目 - 2014/08/31(Sun)
夜は時々雨がパラパラしてて、期待薄だったけど朝はどうだ?今日もドキドキしながらテントを開ける。晴ーれーたーよー!!少し上は雪が降ったのか、岩肌が白くなってました。どうりで寒いわけだ。アルパマヨも姿を現してくれました。これ。見事なピラミッド形をした頂部分。うーん、思ってたほど感動はしなかったな。期待しすぎたか、それとも山に飽きてきたか。もっと近くで見たら感動するかな?出発する頃には雲がもくもくと湧い...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。