Monthly Archives : 2012/08

スポンサーサイト - --/--/--(--)
食べ物で遊んじゃダメ - 2012/08/29(Wed)
ブダペストで絶対にやっておきたい事そのために市場へ繰り出します。さぁさぁどこにあるんか八百屋には無いしー肉屋にーあったLIBOMAJ発見!LIBOMAJ(リバマーイ)とはフォアグラの事です。1kgで2000円くらい。さすがにそんなにいらんので、300g購入。さて、どうしてやろうか?フォアグラなんて料理した事ないし。ネットで調理方探すか?否!ここは自力で頑張ってみよう。とりあえず半分冷蔵庫にしまって、残り半分を小さ...
日にちの感覚マヒ - 2012/08/26(Sun)
ハンガリーの首都ブダペストんー綺麗だ!建物の重厚感がやっぱり今までの国と違う。あっ昨日も言ったか!突然ですが沈没とはバックパッカーがよく陥る状態で、移動する事に嫌気がさして一箇所に長期間滞在すること。1週間を過ぎたあたりから、この言葉が頭をよぎる。観光にも飽きて、特に何もせずにのんびり過ごす事。ブダペストに来て最初は2日で移動する予定だったけど、気がつくと2週間経っていた。恐ろしやー関係ないけど、...
トゥモローモーニング… - 2012/08/21(Tue)
ボスニア・ヘルヘっ…ボスニア・ヘルッ…ん!ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボからハンガリーの首都ブダペスト行きの列車に乗り込んでといきたかったんですが、1日一本の列車を逃してしまいまして、サラエボ一泊追加!朝6時55分発ブダペスト行きの列車チケット買ったはずなのに、チケットの行き先がポーチェってなってた。プラットホームも同じだったし、「おいらブダペスト行く!」って言いながら駅員にチケット見せたら...
20年前の出来事 - 2012/08/19(Sun)
もう少しだけボスニアの紛争の話をさせてください。サラエボにはスナイパー通りと言う通りがあります。今は車もトラムもガンガン通っているどこにでもあるような大通り。20年前にこの通りを横切る事は死を覚悟することだった。周りを山に囲まれたサラエボの町は、いたる所にスナイパーが配置され、動くものは何でも狙撃の対象となった。銃を持たない市民も、子供であっても老人であっても。今から20年前の1992年、ユーゴス...
世界史の勉強 - 2012/08/18(Sat)
あこがれのモスタルから電車で3時間ほど。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボに到着。駅に着くと早速「泊まる場所探してる?」って客引きが来たので、とりあえず見てみる事に。感じの良い家族で、素敵な庭と静かな環境、キッチン冷蔵庫、wifi、一通りそろって1泊10ユーロ。ここに決めた。お父ちゃんは紛争前にドイツに出稼ぎに行ってた。お母ちゃんは紛争が始まってサラエボの地下トンネルを通って逃げたそうです。二人と...
銃痕 - 2012/08/16(Thu)
ボスニアヘルツェゴビナには主に3つの民族が住んでいました。1つはムスリム人、2つはセルビア人、3つはクロアチア人。3つの民族は絶妙なバランスを保って、同じモスタルの町に住んでいました。それぞれ違う人種同士で友達であり、時には結婚し、家族でもありました。そして1992年、紛争が始まります。きっかけはユーゴスラビアの解体。国家として独立する動きの中で、独立を阻止したいセルビア人勢力、異民族を追い出し、...
ハイライト - 2012/08/15(Wed)
そう、夕方にドゥブロブニクを後にして、向かった先は次の国ボスニア・ヘルtェ  ごめんなさい、ボスニア・ヘルツェゴビナです!そこの何年か前にテレビで見た事があるモスタルと言う場所。とても印象に残ったのを覚えてる。それほど大きくない川にかかる石の橋。そこから飛び込む人。民族と宗教が混在する町。そして悲しい紛争の傷跡。ずーっと前から、町の名前は忘れてたけど、興味があった場所です。これがその橋、スタリーモ...
弾丸滞在 - 2012/08/14(Tue)
モンテネグロのコトルから次の行き先はアドリア海の真珠と言われる世界遺産の街ドゥブロブニクほら!見えてきた。バスで3時間ほど。クロアチアの国境がえらい込んでて時間がかかった。ドゥブロブニクは元々港として栄えた城塞都市で、コトルの街と似てる。旧市街全体が高い城壁で囲まれた半島になっている。にもかかわらず、たびたび他国に侵略されてきた。壁役に立たず。さらにユーゴスラビア崩壊後の紛争で街は砲撃を受けて破壊...
1日移動 - 2012/08/14(Tue)
コソボを後にしてまた同じ道を引き返すハメになった俺です。でも車窓は抜群でした。断崖絶壁の岩山あり、チロルな村あり。結果オーライと言う事にします。そしてモンテネグロに戻ってきた俺は コトル というかわいい名前の町に向かうのでした。着いたのが夜遅くなったので、海岸で野宿しました。やっぱり寝袋ありがたい!ハロー!俺、邪魔ですか?どきますね。町はこういう感じです。ぐにゃーっと入り組んだ入り江の一番奥に築か...
遠回り - 2012/08/12(Sun)
さて、コソボの首都は何処でしょう?プリシュティナですよ!ベオグラードから夜行バスでモンテネグロの首都ポドゴリツェへ。そこからバス乗り換えてチロルな香りのする町ロジャイエ。そして国境越えてコソボの最初の町ペチ。でやっと到着プリシュティナ。なぜこんなに遠回りになったかと言うと、セルビアからコソボに行けないと思い込んでたからで…確かにコソボからセルビア入国は問題になる事があるらしく…なぜならセルビアはコソ...
ゼムン地区 - 2012/08/09(Thu)
またベオグラードの日記です。川を渡ってゼムンと呼ばれる地区へ散歩。ドナウ川とサヴァ川の合流点にあり、昔から軍事的に重要な拠点だったらしいです。そのため、昔からローマ帝国、ハンガリー王国、オスマン帝国などの支配を経験してきた町です。現在はベオグラードの一部として位置づけられているけれど、「ゼムンはベオグラードじゃねぇ!」と言う人も居るそうです。帰りは川岸に沿って歩きました。おお!クライミングウォール...
夜が明るい街 - 2012/08/08(Wed)
えーっとだいぶん時間を遡って思い出さないと。なかなか日記が追いついて来ないから。と言うか、早くもサボってました。書きます。そう、リラ僧院の後セルビアのベオグラードに行きました。バスで7時間くらいかかったかな?まずバスターミナルからホステルに向かう途中にあった壊れたビル。これは1999年のNATO空爆によるもので、モニュメントとして取り壊さないで残してるそうです。いつ崩れるか分からないから横を通るのもお...
おお!世界遺産 - 2012/08/07(Tue)
行こうかどうしようか迷ってたけどせっかくだから行っとこう!リラ修道院何で行こうかどうか迷ったかと言うと、リラ修道院までのバスが1日1往復しか無い。行きが10時20分で帰りが15時発。しかも微妙に時間がかかって片道2時間半。修道院に泊まれるらしいけど、ヒマをもてあましそうだし…日帰りで2時間見れば十分かな?と迷ったあげく、行く事にしました。ハイ!着いた~!バスで寝てたからあっという間に~!しましま模...
呼びにくい - 2012/08/05(Sun)
Veliko Tarnovo(ヴェリコ タルノボ)です。町の名前です。琴欧州の故郷です。とても覚えにくい名前で、バスターミナルで行き先を言う時に困ってしまう。「んー?てるのぼ?」でなんとなく通じたので良かった。ソフィアからバスで3時間ほど。ロンドンから2790キロマドリッドから3390キロここはヴェリコ テルノボです。もうどこも同じかんじの町並み。見所は川に挟まれた城跡と丘の上の教会か。あと斜面に張り付く赤い瓦屋...
ヨーグルトの国 - 2012/08/03(Fri)
マケドニアのスコピエからバスで6時間次の国はブルガリアです。いつも通り国境ではバスに乗ったままパスポートだけを運転手に渡すだけ。しばらくすると、スタンプが押されて返って来るという、めちゃめちゃ楽なシステムなです。首都ソフィアのでっかいバスターミナルから町に繰り出すと、まず目に付くのがご存知マクドナルドめっちゃ良く見かけます。ダブルチーズバーガーセット300円くらい。あと、ご存知ヨーグルトの国だから...
スコピエ動物園 - 2012/08/01(Wed)
なんとな~くスコピエの地図を見てたら、「ZOO」の文字が!よし、動物園に行こう。異国の動物園とかって、やけに気になるものです。ぶらぶら川沿いを歩いてでっかいスタジアムを越えて結構遠かったけど、良い散歩になった。何か本格的な動物園!人が全然いないのが気になるけど。入園料=50den(100円未満)安いな…期待してもええんかな?おお!トラや。寝てるけど。クジャク逃げ出してるけど、気にしない。ハム太郎の出迎え...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。