Monthly Archives : 2013/11

スポンサーサイト - --/--/--(--)
再びオタバロへ - 2013/11/23(Sat)
シルビアから朝一のミニバスでポパヤンへ行き、バスを乗り換え、エクアドルとの国境に程近いイピアレスの町へ。距離は大した事無いけど、道路工事やら何やかんやで時間くってしまった。イピアレスの町に着いたのは夜だったので、バスターミナルのすぐ近くの宿にチェックイン。シングル15000ペソ也。翌朝、乗り合いタクシーで国境へ行き、来た時とは大違いでガラガラに空いてる国境をスルッと通過してエクアドルに入国しました...
シルビアリベンジ - 2013/11/20(Wed)
ボゴタから夜行バスで1晩走って、カリに到着。そしてそのままポパヤン行きのバスに乗り込み、今日目指す場所はシルビア。約1ヶ月前に来た時は雨であまり民族衣装が見れなかった場所。でも今日は大丈夫。だって火曜日のマーケットデイだから、沢山の民族達が集まってる事でしょう。出来るだけ急いで行かないと!カリからのバスは途中のシルビアへの分岐点に寄るので、そこで降りて乗り換えます。そして何とか昼にシルビアの町に到...
シパキラと裏山 - 2013/11/18(Mon)
今日は休日なので、町は静かです。宿の近くではバリケードとマシンガンで武装した軍が道路封鎖してたけど、何を警戒してるのか?不安になるからヤメて。でも写真は撮るけどね。今日は朝から観光に出かけます。日帰りだけど、ちょっと遠出します。トランスミレニオと呼ばれるメトロバスで北の端の終点のノルテバスターミナルへ行き、そこからシパキラ行きのバスに乗ります。バスは頻発してるので、ほとんど待つ事無く出発。約1時間...
ボゴタ - 2013/11/16(Sat)
ボゴタの宿は、メデジンのLemonHostelの兄ちゃんに紹介してもらったBuenavidaHOSTELにチェックイン。ドミトリー15000ペソ也。コロンビアの安宿の相場はこれくらいの値段かと。そんでもって、コロンビアの宿は全体的にクオリティが高く、居心地良いです。コロンビアの首都ボゴタ…南米大陸で第4の規模を誇る大都市。かつて危険な都市として名を馳せたボゴタ。少し前に大規模な暴動のあったボゴタ。たまに爆弾テロの起こるボゴ...
ビジャデレイバ - 2013/11/15(Fri)
メデジンから一か八かの夜行バスで一晩。早朝にコロンビアの首都ボゴタに到着です。ゲリラにも山賊にも襲われる事無く無事でした。ボゴタの巨大なバスターミナルに到着して、すぐに別のバスに乗り換えて4時間くらいの場所にあるビジャデレイバと言う町へ行きます。あっと言う間の昼過ぎに到着。山に囲まれたビジャデレイバの町です。石畳と白い建物と赤い屋根の町並み。町の中心には教会と大きな広場。南米で良く見かける町並みで...
メデジンとお別れ - 2013/11/14(Thu)
荷物も無事受け取れたし、これでメデジンを脱出する事が出来ます。最後に写真を撮りに出かけます。レンズだけじゃなく、カメラごと(Nikon1 J3)あと、レンズのPLフィルターも送ってもらったので、使い方を覚えるために。メデジンのロープウェイは2路線。このサンハビエル駅からもロープウェイに乗り継ぎ出来ます。やっぱり丘に張り付くスラムの風景が忘れられない。メデジンと言えばこの風景を思い出します。PL(偏光)フィ...
メデジンの屋外エスカレーター - 2013/11/10(Sun)
荷物はいつ届くのだろうか?途中で無くなってないか?ちょっと心配。日に日に二胡の腕前だけが上がって行く。今日は”コムナ13”と言うスラムを見学に行く事にする。このスラム、以前は相当危ない場所だったみたいです。でも屋外エスカレーターが出来てから治安が回復したらしい。それを確かめに行きます。視察団でも何でもないけど。宿の兄ちゃんに念入りに情報をもらう。「安全か?」「観光客が行っても大丈夫か?」で、GOサイ...
また - 2013/11/03(Sun)
メデジン生活にも慣れてきた今日このごろ。何をしてるかと言うと、毎日二胡の猛練習をしています。宿の中庭が音響が良いので、練習場所としては最適なのです。他に客も居ないし静かだし。メデジンの主要な観光地もすでに見てまわりました。このボテロ公園とかね。このレンガむきだしの教会とかね。日本からの荷物は未だ届かず。EMSの追跡調査をしても相変わらず音沙汰なし。しびれを切らして郵便局に出向いて問い合わせてみるけ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。