上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回で、最後の加筆です。





いよいよ東へ向かって出発です。

西チベット46

このツアーのトラックは、2泊3日でサガと言う町まで乗せてくれると言う事なので、かなり距離を稼げます。

途中、雪が降ったりしながらずーっと走りつづけました。

西チベット42

1泊目はバルヤンと言う町。
本当に何も無い所でした。


西チベット47

2泊目は名前も分からないお寺。

西チベット44

お経の時間に座禅を組んでみたりして過ごしました。

西チベット43
僕はツアーの客じゃないので、寝床は台所です。お坊さん達と一緒に眠りにつきました。


次の日、ようやくサガの町に到着。

この町からシガツェまで行ってしまえば、そこからラサまでバスがあるハズ。
と言う事で、次の車を探しました。

しかし、なかなか見つからないもので…
結局見つかった車がネパールの国境に行くという事で、もうラサ行きを止めてネパールに行く事にしました。

今回も欧米人のツアーの車に便乗させてもらう形です。
しかし困った事に、彼らの車はチベットの入境許可証とは別のパーミットが必要な道を通るらしく、僕は荷物にまぎれて息を止めてチェックポイントを通る事に。

何度かそれを繰り返し、パーミットの必要な区域を抜けました。

西チベット45

この峠を越えればあとはずっと下るだけ。

途中で、雨が激しくなり、崖くずれで通れなくなってしばらく足止めをくらいました。
しばらくすると、雷の様な音がした。
ダイナマイトで爆破して、崩れた土砂を取り除いてたみたいです。


国境の町ニャラムに着いたのは夜でした。
しかもほとんどの宿が満室。

ここでも捨てる神あれば拾う神あり。
ツアーの人が同じ部屋に泊めてくれました。

西チベット47

雨の降る中、国境を越えます。
中国出国してから、ネパール側のイミグレーションまで結構な距離があるので、最後のヒッチハイク。
1台目で止まってくれました。


西チベット48

斜面に建つニャラムの町。

ここから先はネパールの首都カトマンズまで公共交通機関があるので、もう安心です。

さようならチベット。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトネパールへ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。