上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリア湖に遠足



カンパラの街の中心地にあるバスステーションから乗り合いバスで1時間くらい。

ビクトリア湖1


カセニと言う港の集落へ。



昼食はビクトリア湖で採れた魚のフライ。
魚も美味しかったけど、キャッサバ芋のフライが美味しかった。そして安い!
ビクトリア湖2



牛の角がデカい。でかいとモテルんかな?
ビクトリア湖3



でかい魚。日本で白身魚のフライとして売られてるナイルパーチでしょうか?
でかいのは人間くらいの大きさでした。
ビクトリア湖6



子供がタライで入浴中。何か素朴で良い感じ。
泣いてました。
ビクトリア湖4



カンパラの街中に居たでっかい鳥は、アフリカハゲコウって言うらしいです。背中に付いてる赤いのは何?
気持ち悪い。
ビクトリア湖7




船の乗り降りはお姫様だっこ。
ビクトリア湖5





ビクトリア湖

非常に大きな湖で、アフリカで1番大きな湖で、ナイル川の源流とされている。ビクトリア湖周辺部は雨が多い地域であるため、ビクトリア湖に流入する河川は多いけど、逆に湖から流れ出す河川はナイル川1本だけ。
湖の深さは非常に浅く、最深部で84mしかない。
1950年代、イギリス植民地時代に食用として放流されたナイルパーチと言う大きな肉食魚が大繁殖して、生態系を破壊してしまった。
皮肉なことに、ナイルパーチやティラピアと呼ばれる外来種の魚が現在では沿岸の産業を支えている。これらの水産資源は、ウガンダの輸出品目として、コーヒーに次ぐ第2位。
隣国タンザニアでは、総漁獲量の半分をビクトリア湖産が占めている。
漁業だけでなく、農業、水力発電、生活用水として、沿岸の住民を長い間支えている。



写真ばっかりになったので、ビクトリア湖の説明を書いてみました。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトビクトリア湖

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。