上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜行バスの夜中の出来事。



途中、検問所でバスが止まっての運転手と検問のヤツが何か話をする。
 ↓
検問所のヤツが何か確認しにその場を離れる。
 ↓
そのスキにバスが走り出そうとする。
 ↓
検問所のヤツ何か叫ぶ。
 ↓
バス走る。
 ↓
バリケードの釘を踏む。
 ↓
タイヤパンク。



バリケードあるの分かってるのに、踏むなよ!

ホンマにアホです。

タイヤ交換する羽目になったけど、ジャッキが入らずに右往左往する運転手達。
ちゃんと使えるジャッキ持っとけよ!


と言う事もありつつ、朝9時過ぎにカバレと言う町に到着。



そこからタクシーで
ブニョニ湖のイタンビラ島を目指します。


タクシーで40分程で船着場到着。船着場からイタンビラ島までの交通は丸太のカヌー
ブニョニ湖3

転覆しそうで怖いけど、天気も良いし、漕ぐのも楽しい。

最初のうちは。

ブニョニ湖2

30分程すると飽きて、疲れてくる。

ブニョニ湖1
ゆとりチームは最後尾。



ようやく着いたイタンビラ島はとても小さな島。
そして緑が豊か。


ブニョニ湖5


外界との主要交通手段は手漕ぎカヌー。

ブニョニ湖6

島には唯一1件だけ宿がある。
電気無し。(宿にソーラー発電あるので、有料でバッテリーの充電可)水道無し。

そんな島でのキャンプ生活開始。
ブニョニ湖4



ここは野鳥の楽園です。
バードウォッチングにはまってしまったので、鳥コレクションをどうぞ。

ブニョニ湖8
結構近寄っても全然逃げない。

ブニョニ湖7
この緑の鳥はレアでした。

ブニョニ湖12
結構いっぱい見かけた鳥。人間の生活範囲にも入り込んでくる。

ブニョニ湖9
ウガンダの国鳥カンムリヅル。
独特の鳴き声で居場所すぐ分かる。

ブニョニ湖10
一番綺麗な鳴き声の鳥。求愛ダンスのような行動をしてた。

ブニョニ湖13
一番派手だった鳥。現れるのを木の下で30分待った。

ブニョニ湖11
一定の距離を保ってずっと歩いて逃げる鳥。


この他にもたくさんの種類の鳥であふれかえってました。
鳥好きにはオススメの島です。


あと、ひたすらのんびりしたい人にもオススメ。
何も無いから。


ブニョニ湖15
ここでヒマな時間はみんなでひたすら大富豪してました。


そんな2泊3日のブニョニ湖イタンビラ島でした。



帰りは手漕ぎカヌーはもううんざりなので、みんなでモーターボートをチャーターして島を脱出するのでした。

ブニョニ湖14


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトブニョニ湖のイタンビラ島

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。