上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加筆します。




首都ドゥシャンベを目指して朝から乗り合いタクシーを探す。

バスは走ってないので、交通手段は必然的に乗り合いタクシーです。
なかなか人が集まらない場合はかなり待たされます。

こんな景色の道を行きます。
タジキスタン11

途中、真っ暗で浸水してるとてつもなく長いトンネルあり。

工事中で通れない区間で待たされる事あり。



タジキスタン12
ドライバー良い人だった。


宿に着いたらもうすっかり夜です。
最近、距離は大したこと無いのに、移動に一日中使ってしまう日ばっかり。


なぜドゥシャンベに来たかと言うと

トルクメニスタンのビザが楽に取れるかも?と言う不確かな情報を聞いたから。
まず必要なものが、アゼルバイジャンのビザ。
なので、日本大使館のレターが要るという話なので、日本大使館を探すけど、無いんです。
誰に聞いても知らないんです。


もういいや、ウズベキスタンに戻って取ろう。
レターがあったところで、確実にアゼルバイジャンビザが取れるとは限らないし、アゼルバイジャンビザを取ったところで、確実にトルクメニスタンビザ取れるとは限らない。

ここは確実に取れるウズベキスタンでビザランだ!


ドゥシャンベ観光しよう。
タジキスタン14

町並みは相変わらず綺麗で整然としている。
さて、ドゥシャンベには何があるの?

タジキスタン13
ご存知!イスマイール=サーマーニの像。
誰?何した人?

タジキスタン18
遊園地ー
観覧車に一人ぼっちで乗ってみました。


タジキスタン16
ジュース屋さん
その場で炭酸を注入します。


タジキスタン15

もうドゥシャンベには用事は無いな。ウズベキスタンに戻ろうか。


翌朝、再び移動。

タジキスタン17
給油風景。
危険なので、やっちゃダメな事の見本です。でもこっちではこれが当たり前なんだな。


タジキスタン20
完全に眉毛をつなげてますね。
若い娘も年取った女性も、眉毛つながってる人多いです。



さぁ、昼には国境に着いて、再びウズベキスタンへ入国。

ウズベキスタン側の荷物検査では、写真までチェックされました。
そして、国境を撮った写真が運悪く見つかってしまい、案の定

「お前、牢屋行きだ。行きたく無かったら金よこせ」って事になりました。

「ごめんなさい、写真消去したから」って言って、ずーっと断り続けてると、後ろに並んで待たされている人達が「早くしろ!」と騒ぎ出し、事なきを得ました。

そそくさとその場を離れて、無事ウズベキスタン入国。


最初の町はデナウ
ここでタシケント行きのバス見つけたんだけど、出発が明日の朝8時。
まだ昼だし、何時間待てば良いんだ?こんな何も無い場所で。

でも、無いものはしょうがない。

言葉も通じない人々とずーっと待たなければならなくなりました。


タジキスタン21
バスのオーナーの家で晩御飯ご馳走になりました。
ついでにここに泊めてくれたら良かったのに…


タジキスタン22
寝床はバスの荷物室でした。
夜には砂嵐で、ひどかったです。


翌日の夕方、無事にタシケントに戻るのでした。
さぁ、トルクメニスタンのビザ取るぞー。頑張るぞー。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト首都ドゥシャンベ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。