上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出た!


やっと出た。
やっと水揚げされた。

もう半分あきらめかけてたけど、いつものようにフィッシュマーケットに行くと、しれーっと並んでた。

ヌングイ33
すでに解体が終わってたので、無残な姿で他の魚達と一緒に並んでました。


どうやら50ドルで競り落とされたみたいです。

そして、おっちゃんにビッタンビタッンひっくり返されながら運ばれて行きました。
ヌングイ34

マンタが珍しいのはどうやら我々だけ。
他の人達は無関心。きっと食べて美味しい魚に関心があるんだろうな。
ヌングイ35
そして端っこにひっそりと放置される砂まみれのマンタは何となく哀愁が漂ってた。


せっかく待ちに待ったマンタ出たけど、小さかったのと既に水揚げ作業が終わってたからか、感動が薄かった。
待つ時間が増すにつれて期待が大きくなりすぎたのかもしれない。



と思ってたら、
次の日も出た!


新しくヌングイに着いた旅人達(タカさん、チホさん、ケイちゃん、なっちゃん)と、いつものようにフィッシュマーケットに着いて、何となく海の方を見ると、大きな物体を引っ張ろうと人だかりが出来てる。
行ってみると大きなマンタがまさに今引きずられようとしているではないか!

おい、待ってくれ俺達(俺、やまと君、既にヌングイを後にしたコージさん)は1週間も待ってたのに、新しく来たみんなは1日目にマンタ。
「持ってる人」と「持ってない人」の差を痛感した。
果たして誰が「持ってる人」だったのかは分からないけど、感謝します。ありがとう。


今度は砂浜を引きずられるところから見れた。

しかも昨日のよりはるかに大きなマンタ。

ヌングイ36


10人くらいの大人が引っ張っるくらいの重さ。
このサイズだとさすがに貫禄がある。
ゆっくりと優雅に砂浜を引きずられてい行きます。
ヌングイ37


砂浜を引きずられた後、解体が始まります。
流石にちょっと人だかりが出来てる。
ヌングイ38
腹を割くと巨大な腸がベローッと出てくる。
そして同時に大量のエビ(オキアミ)が出てきた。
こんなにエビ食ったんか!と思うほど。

その瞬間、僕の中で芽生えた感情(一緒に居たみんなも思ったハズ)
マンタ気持ち悪い。
きっとこれから優雅に泳ぐマンタを見てもこの光景が思い浮かぶんだろうな。
スキューバダイビングでマンタを見たいという感情は一切無くなってしまった。


このマンタは、どうやら250ドルで競り落とされたみたいです。



ヌングイ39
引っ張ってみた。
重たい重たい。
これからストーンタウンに運ばれて、そこで切り身にされるのかな?
ちょっと食べてみたかったな。


今回のマンタは感動しました。
大きかったし、砂浜を引きずられる所も見れたし。
やっと見れたって感じで、昨日のマンタの印象とは逆で感動した。

本当にマンタ捕って食べるんだな。
噂を聞いた時、最初は信じられなかったけど実際に見ると、噂は本当だったんだと思いました。

きっとオーストラリアかどっかの環境保護団体はワーッと騒ぐでしょう。
「マンタは保護するべきだ!」とか何とか訳の分からない事を言い出すかもしれません。
ちなみに、俺はそんな事言うヤツが大嫌いです。
鯨もイルカも必要なら捕って食えば良いと思います。「感情があるから」とか「かわいそうだから」とか所詮は人間の主観。「家畜には感情が無い」って言う意味が分からん。

知性の有無は関係無く、人間も動物の一種です。
人間によって引き起こされる現象も地球からみれば自然です。
山を切り開いて団地を造るのも、蜂が巣を作るのも、地球から見れば動物が行う自然現象です。

例えば、人間が他の動物を絶滅に追いやったとしても、それは自然淘汰です。その絶滅した動物は美味しい肉や綺麗な毛皮を持って生まれたばっかりに人間と言う動物の餌食になるのです。
そこで人間が保護しようと言い出せば絶滅を免れるし、保護しない事になれば絶滅です。人間に気に入られた動物は生き残り、人間に気に入られない動物は生き残れない。それが人間が主導権を握っている今の地球の自然淘汰の状況。

環境保護団体が気に入った動物だけを保護しようと、その主張を他人に押し付けてくるのが大嫌いなのです。自分達の主張が絶対に正しいと思ってる。
必要なら捕る。不必要なら捕らない。自然の成り行きそれで良いじゃない。
人間が神に選ばれた動物だと思ってる彼等は、自然保護と叫びながら積極的に自然の成り行きを弄りまくっているだけ。
まぁ、極論はそれも自然なんですけどね。あっ戻ってしまった。
客観的な自然、不自然って何?何から見て自然?うーん…結論出ず…



話がとんでもない方向に行ってしまったので、戻します。


えーっとマンタを見て感動して
そう次の日も、何となく散歩と朝ご飯を食べにフィッシュマーケットに行くと、

また小さなマンタが水揚げされて、しれーっと並んでました。
何か急に力が抜けて、マンタに対して全く興味が無くなり、写真も撮らなかった。


出る時は毎日出るんかい!

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト待ってたマンタ

says...

Date:2013/03/27 17:42

hahaha!
三日続けて水揚げされるとは、笑いました。
わたしもシーシェパードとかどうかと思うよ。
なら牛とか豚どうなの??って。
でも人の感情逆なでしてまで、クジラ獲る必要あるんかなとも思う。
このさいみんなベジタリアンになっちゃえばいいじゃん!←極論??

昨日まで3泊4日で京都行ってきたよ。桜にはちょっと早かったけど大満喫。
自転車でくたくたになるまで走り回りました。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。