上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パジェからストーンタウンに戻ってきました。

2ストーンタウン1
相変わらずのアラブの香。



ストーンタウンからの夜行フェリーでダルエスサラームへ行きます。
2ストーンタウン2
まだ夕方なので、乗船開始まで時間をもてあましました。
フェリーのチケット買って夕食済ませて買い物して何やかんや。


やっと出港です。

22時発のフェリーはダルエスサラーム港に着いてから沖で停泊して、翌朝6時に下船させられます。


港から出てマゴロゴロ(ヌングイの宿のオーナー)の知り合いと言う人物に電話。

彼がタンザン鉄道のチケットを持ってます。
何故かザンジバルでは列車のチケット予約は出来なかった。旅行会社でも無理で、「ダルエスサラームでチケット買いなさい」と…
1週間に2便のタンザン鉄道は結構な確率で満席となり、当日駅でチケットが手に入るかどうかは微妙。
そこで、ダルエスサラームに住んでるマゴロゴロの知り合いにチケットを取ってもらいました。

ダルエスサラーム発ムベヤ行きの1等寝台。

チケット代金(20ドル位だったかな?)はもう携帯会社を通じて振り込んであるので、あとは受け取り場所と時間をどうするか。

「タザラ駅に着いたら電話してくれ、そこでチケットを渡す。」
と言う事なので、駅に行く事に。


タクシーは使っちゃダメを実践してダラダラと呼ばれる乗り合いバスで駅へ。
”ジンボト”行きのバスに乗って「タザラステーション」って言えば行けます。


駅で結構待ちました。
そしてやっとチケットを持っている人物と会えて、無事にチケットを受け取れました。

チケット受け取った後、彼は
「ここに来るまでの交通費を出してくれ。」とか言い出したけど、本当に余分なタンザニアの金持って無いし…ギリギリだし…チケット代にコミッション上乗せして振り込んだし…これ以上払う必要無し。


多少もめたけど、最後はマゴロゴロに電話して何とか相手もあきらめて帰っていきました。

駅で列車の出発を待っていると

「家に帰りたいけど交通費が無いんだ、電車代ちょうだい!」

って言ってくるヤツが居た。
金が無いようには見えない服装したヤツが。

”たかり”です。外国人にだけ声をかける人間は僕は先ず疑います。

アフリカは本当にハエの様にたかって来るヤツが多い。

「こりゃダメだわアフリカ人。」
って思う事が多々あります。


列車の出発時刻は14時。
タザラ6

24時間走ってタンザニアとマラウィの国境近くの町ムベヤへ行きます。


タザラ2
頭の中では世界の車窓からの音楽が流れてました。

タザラ1
無邪気に手を振ってる子供達。
そして何かをねだって一生懸命に何かを叫んでる子供達。
線路沿いの田舎村は貧しいです。

タザラ4
生まれ持った格差。
それを眺めてるこの娘は何を思うのか。

タザラ3



タンザン鉄道の乗り心地、なかなか揺れが激しいです。

横揺れもですが、縦にも揺れます。
線路がかなり歪んでるから近々脱線事故起こすと思う。
加速と減速の時にも衝撃があります。

席と言うか、寝台は4人用のコンパートメント(個室)なんですが、上段は風が通らないからめちゃくちゃ暑かった。

決して快適とは言い難いタンザン鉄道。


でもまぁ、バスには乗りたく無かったので。
なぜなら、ムベヤ行きのバスが事故を起こしたって言う話を頻繁に耳にしたから。
(スピードの出しすぎ、減速帯に気付かずに突っ込んで横転、道路から転落、はみ出してきた対向車と衝突、等々)

タンザニアのバスは本当に事故が多い。と言う事を忘れないようにしましょう。


列車は遅れる事無くムベヤに到着。

タザラ5


雨降ってきた。
列車の到着に合わせて、ここから国境までのバスが待機してます。
値段はボッてきます。が、人はもう集まってるし、すぐに出発出来るので、納得出来る価格になったら乗りましょう。
もたもたしてたら日暮までにマラウィの町まで行けなくなる。

あと、ムベヤの町でも拳銃強盗、バスターミナル付近の宿での盗難と、危険情報をキャッチしてるので、出来れば早くムベヤを離れたい。


バスは2時間程走り、国境の町でバスを降ろされる。
降ろされてから国境までちょっと歩きます。

マラウィは久しぶりのビザが要らない国。
滞在日数とかいくら金持ってるかとか聞かれるので適当に答えて無事入国。

ここで、しつこく両替を迫ってくる両替人が居るけど、ここの両替も評判が悪い。
何かと騙される被害が後を絶たないみたいで。

いやー、タンザニアは最後まで気が抜けないです。

僕はタンザニアの金はほとんど使ってしまって持ってないので両替人は無視。
マラウィ側にATMが有るのでそこで現金も手に入ったし、順調。


マラウィ国境の町には何も無いので、最初の町と呼べる町のカロンガまで、乗り合いタクシーを使いました。

すっかり夜になってしまった。
タクシーに安宿まで行ってもらって、一泊。


2日間の大移動でした。
無事にマラウィ入国です。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトタンザニア終了

says...

Date:2013/05/16 12:48

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。