上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスは快調に走る。

ただし、ウンコ臭い。

俺の靴に犬のウンコが付いているから。


そんなウンコ臭いバスですが、昼過ぎにはマプトに到着しました。靴に付いたウンコも取りました。

そしてまた、ひたすら歩いてスワジランド行きのミニバス乗り場へ向かう。


満員発車システムの為に散々待たされてようやく出発。

ただ、異常に荷物が多い。おばちゃん達が服とかカバンとかを大量にスワジランドに持ち込もうとしている。アフリカ南部では、ミニバンの後ろに小型トレーラーをつけて、そこに荷物を積む方式なんだけれど、その小型トレーラーに、高さはミニバンの屋根くらい、横ははみ出すくらい。トレーラーが横転しそうなくらいの荷物を積んでいる。



大量の荷物を積んだミニバンはゆっくり走る。

さらに国境で荷物チェックに引っかかる。
全部の荷物を一旦降ろして、大量のカバンや服の数を数えて、金額(関税かな?)でモメて、また全部の荷物を積みなおして。

そんなやりとりを国境で2時間ほど。


予定ではスワジランドの宿に夕方には着けるかな~。と思ってたけど、もうすっかり夜です。


予定通りには事が進まない。

考えてた予定なんか毎回吹き飛ばしてくれるアフリカ



まぁ、夜遅くなったけど、無事にエズルウィニのレジェンドバックパッカーに着く事ができた。

レセプションのおばちゃんが暖かく迎えてくれました。


スワジランドのエズルウィニに帰って来た目的、それはやりたかった事があるから。

それはウォーキングサファリ。

スワジランド31
宿の近くにあるゲーブルスショッピングモールの前でミニバスを拾って、ムリルワネジャンクションで降ろしてもらい、そこから1時間くらい歩き。


ゲートで入場料を払います。
約400円。

遂に出た、今までで最安の400円サファリ!

そこでウォーキングサファリについての注意事項を聞く。
「日没までには帰って来てね。カバが巣にもどるのに出くわすと危険。水際からは離れて歩いてね。ワニが出るからね。」

了解、行きましょう。

スワジランド33
ゲート付近は馬の牧場。
その横をアフリカっぽい動物が歩いている。

スワジランド42
シマウマが居るねぇ。
逃げないようにゆっくりと近づきましょう。

スワジランド32
今まで見たシマウマの柄と違う。
シマウマにも種類があるんですね。


しばらく歩いて気付いた。
地図も案内標識も無い。

ゲートにあった地図を写真にでも撮っておけばよかった。




スワジランド35
ようやくたどり着いた「ヒッポプール(カバの池)」

この道を歩いてると、


突然

「グオーッ」と言う鳴き声

そして草むらがガサガサーっとなった。
「何?何?」


ビックリしすぎて我々2人、パニックです。


犯人は
スワジランド34
イボイノシシ。
こいつが草むらに潜んでて、突然走って逃げ出した。

イボイノシシ嫌い。


スワジランド38
水辺にはカバもワニも居なかった。

それにしても静かすぎる。

車で回ってる人がちょくちょく居る程度。
歩いて回ってる人には会わなかった。



スワジランド36
森の主

そんなオーラをかもし出してる。

スワジランド37
風格のある動物は堂々としてて、あまり逃げないです。


スワジランド39
キレイな鳥もウジャウジャ居ました。
バードウォッチャーの血が騒ぐ。


日没が迫ってきたから、帰ろうか。


ウォーキングサファリ。
肉食動物は居ないので、食物連鎖は無い。
大型動物も居ないです。

でっかい牧場を歩き回る感じでしょう。
でもサファリはサファリ。

楽しめました。


もう一つやりたかった事。

それは温泉につかる。

こちらも宿から近い。

スワジランド40
カドルパドル温泉。

スパ施設と無料の露天風呂があります。


迷わず無料の露天風呂へ。

脱衣所無し、水着も要らない。


温度も丁度良いし、素っ裸の開放感。

スワジランド人と裸の付き合い。
(男性しか居なかったから、女性は入れないのかな?)

スワジランド41
うーん、温泉サイコー!

後ろで寝そべってる人は体内に温泉水をぶち込んでる最中。肛門から。
その後、裏に行って出す。いわゆる腸内洗浄。
ほとんどの人がやってた。これがスワジランド流の温泉の入り方なのか?

「お前もやるか?体に良いぞ!」と来るので、必死に断りましょう。操を守りましょう。



スワジランド満喫出来ました。


次は南アフリカに戻るぞ。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト再びスワジランド

says...

Date:2013/06/01 17:44

肛門に温泉を注入!?

なかなかの衝撃を受けたんだけど、素人がやって大丈夫なのかな!

says... Re: タイトルなし

Date:2013/06/02 02:28

ゴミが浮いてるお湯をバケツに取って入れてるし、肛門に入れるホースも使いまわしです。
恐らく体に悪いでしょう。アフリカ人なら大丈夫でも、我々には厳しいと思います。
「ヤレ!」と言われた時は全力で断りました。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。