上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターケープの車窓から。
ケープタウン4
ほんの少しだけ心配してた南アフリカ再入国も無事に済み、昼過ぎにケープタウンに到着した。


そして念願のマクドナルドに直行。(プレトリアでマクド見つけてしまって行ったけど、それは忘れよう)
アフリカ縦断するにあたって、スタート地点のエジプトからゴールの南アフリカまではマクドナルドの空白地帯。
ケニアのナイロビにあるかな?と期待したけど、タクシーの運転手に聞いてみると「マクドナルド?何それ?」って言われたので、あきらめた。

そして今、ずっと言い続けてきた

「ケープタウンでマクドナルド行く!」と言う小さな夢がかなった。
味は、どこにでもあるマクドナルドでした。


ケープタウン5
ケープタウンのハイカラな町並み。


翌日、レンタカーを借りてアフリカ縦断のゴール地点へ行く。

ケープタウン1
ケープタウンから約50kmの道のり。
ビーチ沿いの町をいくつも通る。


行く先は喜望峰(Cape of Good Hope)
この場所に無事たどり着ける事を、どれほど望んだ事か。

エジプトを出発して約半年。
長い道のりだった。

灼熱のスーダン

過酷だったエチオピア

治安が心配だったケニア

にぎやかな旅をしたウガンダとルワンダ

多くの出会いと別れと経験があったタンザニア

のんびり過ごしたマラウィ

印象薄いザンビア

動物王国ジンバブエとボツワナ

人々の暖かさにホッとした国スワジランド

海を見ただけモザンビーク

やっぱり山は寒かったレソト

砂漠見ただけナミビア

そしてゴールの南アフリカ。



ケープタウン2
みんなそれぞれ固い決意でアフリカ縦断に挑んだんだろう。

ケープタウン3
みんなそれぞれ色んなものを見てきたんだろう。
辛い事もあったんだろう。

ケープタウン10
みんなここを目指して来たんだろう。

ケープタウン9
そしてみんな、笑ってこの瞬間を迎えられた喜びでいっぱいなんだろう。



4月16日、ゴール(偶然にも俺の誕生日)


ケープタウン6
喜望峰の近くにある岬、ケープポイント。


ケープタウン7
岬の先端。この先にはもう道は続いていない。

この先、行き先を作るのは自分なんだ。
アフリカ大陸南下はもう終わった。次どちらに進路を向けるのかは自由なんだ。



ゴールの余韻にしばらく浸ってから、ケープタウンに戻る事にする。
帰りにペンギンの居るビーチへ寄る。

サイモンズタウンの近くのボルダーズビーチと言う場所にペンギンコロニーなるものがあり、街中にもペンギンが出没する。
道路標識にもペンギン注意と書かれていて、今にも道路脇からひょっこりと現れるんじゃないかと、わくわくする。


ケープタウン8
早速ペンギン発見!
じゃなかった、サイモンズタウンには基地があり、兵士だらけ。

ケープタウン11
あこそで黄昏ておるのはペンギンか!


ケープタウン12
歩いてる姿がめちゃかわいいー
でも、近寄ると鋭いくちばしで突こうとしてくる。非常に危険な鳥です。

ケープタウン14
ビーチを2本足でヨチヨチ歩くペンギン達、でも追いかけると4足歩行ですごい速さで逃げる。
捕まえるのは至難の業。

ケープタウン15
岩陰のペンギン達は逃げない、代わりに突こうとしてくる。
反撃してみるが、この後、スリッパを岩の間に引きずり込まれてしまい、裸足で帰るハメに…ペンギンの力をなめたらアカン。


誕生日とアフリカのゴール。

偶然にも2つのめでたい事が重なった最高の一日でした。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトめでたい事2つ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。