上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月22日の夕方、ケープタウンを出発した飛行機は、すぐにヨハネスブルグに着陸。

ここで乗客を乗せて向かうはカタールの首都ドーハ

おいおい!どっちの方向へ行くねん。南米と逆方向やないか。

安いチケットなので、飛行機で世界中を連れまわされるのです。

翌日の昼、ドーハでトランジット。

そしてやっと進路を南米へ向けます。

1座席に1つテレビが付いてて、ずっと映画を見てました。日本の映画もあったので助かった。
さすが石油の国のカタール航空です。

夜にサンパウロに到着。乗客を乗せたりして、また飛び立つ。

ここまでで機内食7食くらい食べて、時間と日付の感覚もマヒした頃、やっとこさブエノスアイレスに到着。


ついに南米大陸の土を踏んだぞ!と感動する気力も無く、すぐに寝る場所を探す。

夜22時をまわってたので、今日は空港泊やな。
アルゼンチンは何か、蒸し暑いぞ。


翌朝、空港からブエノスアイレス市内へ向かいます。

バスで2時間。

昼頃に無事宿に到着。

ブエノス7
あー、ほっこりしたー。
それにしても、ブエノスアイレス暑いぞ。

もう、その日は何もせずに休みました。


翌日から観光開始。

その前にマクドナルドで朝マック。
ブエノス1
こっちの人達の朝食はクロワッサンとコーヒーなんだな。
コーヒーがデカくて、腹がちゃぷちゃぷになりました。



腹をちゃぷちゃぷいわせながら歩く事20分くらい。
ブエノス2
なんだか新鮮な町並み。
アフリカと全く異なった文化と景色と人にワクワクします。


ブエノスアイレスに来たなら、ここだけは訪れとけって言われる地区があります。
ブエノス3
カミニート地区

また出た、カラフルな街並み。
道端で画家さんが絵を売ってる。

芸術の香りがする、ここはヨーロッパなのか?


ブエノス9
コミカルな人形達が窓から見下ろしてる。
マラドーナ人形が多かったな。

ブエノス8
基本的にレストランとか土産物屋が並んでて、客引きが声をかけてきて、ワイワイ賑わってる感じ。

アルゼンチンタンゴ発祥の地です。
たまに踊ってます。


ブエノス4


ブエノス5
この辺りがカミニート地区の端っこ。
ここから先は警官に「行くな!」って止められます。

周りは貧民街だそうで、治安の心配がある地区です。
でも、カミニート地区は警官がウロウロして警備してるので、大丈夫。


ブエノス6
帰りにサッカースタジアムを見て帰ります。

昔、日本代表FW高原が在籍したボカジュニアーズのスタジアム。



ちょっと観光して、後はのんびりした1日。

うーん、新鮮。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト南米着

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。