上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンカルナシオンからバスで9時間程。
安いバスに乗るとこれくらいの時間かかります。注意!

で、パラグアイの首都アスンシオンに到着。


バスターミナルに到着した時には、夜になって、しかもドシャ降りの雨でした。

道が川になって、ほぼ洪水状態。
災害ですやん。

バスターミナルに着いたのは良いけど、出たくない。
出来れば途方にくれたい。現実逃避したい。

けど、行かないと事態は悪化するだけな気がする。

動き出さないと。

荷物背負って市バスに乗り、雨に打たれながら歩き、濡れながら逃げ込むように宿にチェックイン。

本日の宿は、民宿らぱちょ。

日本人の旅人夫婦がやってるレストラン兼宿で、とてもアットホーム。

さすが元旅人だけあって、旅人心をくすぐる設備が用意されていて、快適空間なのである。




アスンシオン2

アスンシオンには何しに来たんだろうか?
何かミッションがあるわけでも無いのに。

でも、せっかくその国に来たんだから、首都がどんな感じなのかは気になるもんです。

アスンシオン4

街中を縦横無尽に走る派手なボンネットバスに若干心ひかれました。
カクカクしてて格好良い。
運賃は1回の乗車で2000グアラニー。40円ちょい。

アスンシオン1
パラグアイのマテ茶の入れ物はとってもオシャレ。
これなら若い娘でも持ち歩ける?か?

この皮製のポット欲しかったけど、結構高い。

アスンシオン3

アスンシオンには結局2週間程滞在しました。

何してたん?
と聞かれると、

マンガを読む。ワンピースがそろってた。最新刊も。

NHKの朝ドラを見る。あまちゃん。こっちでは夜ドラでした。

子供向けのTV番組を観ながらスペイン語の勉強。文法からきっちりやりました。

娘のマナちゃんと遊ぶ。ヨチヨチ歩き。めちゃ可愛いです。
アスンシオン5

散歩。

アスンシオン7

アスンシオン動物園。カバの檻にネコが入ってたり、サルが脱走してたり、自由な動物園でした。

公園で二胡練習したり。
二胡は小さい楽器だけど、音はデカイから練習場所に気を遣うわけです。

何も無い様に見えて、結構充実した日々を送ってたわけです。

アスンシオンの日々。

2週間。

それにしても天気悪い。
寒い、寒すぎる。

いよいよ冬が来たか!

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトパラグアイの首都での日々

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。