上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスニア・ヘルヘっ…

ボスニア・ヘルッ…



ん!

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボからハンガリーの首都ブダペスト行きの列車に乗り込んで


といきたかったんですが、

1日一本の列車を逃してしまいまして、サラエボ一泊追加!

朝6時55分発ブダペスト行きの列車チケット買ったはずなのに、チケットの行き先がポーチェってなってた。プラットホームも同じだったし、「おいらブダペスト行く!」って言いながら駅員にチケット見せたら、後ろの列車って指差されたから乗り込んだのに。それはポーチェ行きの列車だったのです。

「なかなか出発せんなー」と思いながら他の乗客に聞くと、驚きの答えが返ってきた。

それに気づいたときにはもうブダペスト行きの列車は出発してました。
もちろん窓口でチケット交換してもらいました。だって確実に「ブダペスト行きチケット下さい」って行ったもん。出発時間も6時55分になってたもん。


気を取り直して次の日の朝確実にブダペスト行きに乗り込みました。


ブダペスト行き電車

なかなか良い列車じゃないかと思ったのも束の間、非常に冷房が弱い車内はお昼になると灼熱地獄へと変貌するのでした。


ブダペスト1


スプルツカ共和国に入るから先頭の動力車両交換、冷房切れて灼熱

クロアチアに入るから先頭の動力車両交換、冷房切れて灼熱

ハンガリーに入るから先頭の動力車両交換、ハイ!暑い暑い

ディーゼル区間から電化区間に入るから動力車両交換。そして2時間待ち。……



14時間かかってブダペスト到着。


すっかり夜になってしまった。


早速、安宿のヘレナハウスへ。
欧米人ばかりで込み合っており、ラスト1ベッドにぎりぎりチェックイン。良かった。

そして夜の散歩に繰り出します。


ブダペスト2

おお!橋!

ブダペスト3

おお!はーーしー!!


ブダペスト4

たーてーもーのー!


夜景綺麗なブダペスト。

建物の重厚感が今までの国の比じゃない。

楽しみです。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトトゥモローモーニング…

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。