上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コパカバーナの民族衣装見れたから、もうリオデジャネイロに未練は無いです。

さぁ次の街へ移動だ!


リオデジャネイロのバスターミナルから9時15分発のサルバドール行きチケットを買う。
値段250レアル(1万円強)高っ!!

シートは広々だし、何度も休憩時間があるし、快適なんだけど…


サルバドール1
走っても走っても着かない。


着いたのは17時。

何時間かかった?

えーと32時間か。

サルバドールめちゃくちゃ遠いな!


サルバドールのカラフルな建物の集まる地区にあるナオ宿にチェックイン。


カーニバルの時期になると、この宿は日本人で埋め尽くされるらしいです。
でもオフシーズンの今は客3人で広々。

宿のオーナーが音楽家らしく、楽器がいっぱい置いてある。

素敵な宿だ。

サルバドール15
ディジュリドゥ発見!


サルバドールに着いた日が丁度火曜日。
毎週火曜日は祭りの日です。

夜なので、祭りは終わった後…だけど、ちょっと期待を込めて街を見に行ってみる。

サルバドール2
太鼓隊が残ってました。

サルバドール3
階段の広場でライブもやってます。

天気が良ろしくなく、雨が降ったり止んだりする中、大勢の人が集まって酒飲んで騒いでました。

ちょっと街をぶらぶらと歩いて周って、街の雰囲気を楽しみました。
で、我々もう疲れたので、寝ます。

明日も歩き回る予定だから。

で、翌日

サルバドール4
昨日とはうって変わって良い天気。

サルバドール5
サルバドールは昔、ブラジルの最初の首都だった街。
現在はサンパウロ、リオデジャネイロに次ぐブラジル第3の都市。


サルバードル6

サルバドール10

かつては砂糖と奴隷貿易の港として栄えた。
だから奴隷としてアフリカから連れて来られた人々の子孫が多い。


サルバドール7

サルバドール8
サルバドールの歴史地区は、ユネスコの世界遺産に登録されてます。



サルバドール9
治安が悪いと言う噂だったけど、どうだろうか?

昼間歴史地区を歩いてる分には危険な感じは無し。
変な路地とかに入らなければ。

歴史地区を離れて、セントロの方へ行くと、ゴミゴミとした人ごみの町。
ジャンキーも居るので、こちらの方は注意が必要。

あと、バスターミナル付近にファベイラがあります。
何で大抵のバスターミナル付近って治安悪いのかな?

サルバドール11
夕方、陽が沈む頃には、街の色も変わる。


サルバドール13

サルバドール14

今日はよく歩いたな。



夜、カポエイラ道場と呼ばれる場所に見学に行った。
サルバドールはサンバとカポエイラの発祥の地である。

ボニートで見たのが、アクロバティックな流派で、ここで見たのが儀式的な流派のやつだと思われる。

先ず2人が出てきて祈り、手を取り合って踊り、リズム音楽と歌に合わせてゆっくりとした動きで技の出し合いが始まる。

何か神聖だった。

カポエイラの起源はアフリカから連れて来られた奴隷達が、看守にバレないようにダンスをしてると見せかけて格闘技のトレーニングしてたのが始まり。

格闘技なのか、ダンスなのか、儀式なのか?
多分全部。

興味深いです。
時間があれば習いたかった。




サルバドール16
宿に帰ればタブラもあるよ!

1ヶ月以上は滞在したいな。

と思わせてくれる場所でした。


けど、明日はもう移動。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトサルバドール

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。