上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後ろ髪を引かれながら、ナオ宿をチェックアウトして、バスターミナルへ向かう。


サルバドールに到着した日、次の目的地サンルイスまでのバスについて調べてみて、分かった事は、

・サンルイスマラニャンって言わないと通じない。
・どうやらサルバドール~サンルイスの直通バスは無い。
・サルバドールからバスで2時間程の場所にあるフェイラデサンタナと言う町からサンルイス行きが出てる らしい。
・チケットオフィスの人もイマイチ把握してない。

と言う事。

即ち、フェイラデサンタナに行ってみないと分からないと言う事。

出来れば着いた時にフェイラデサンタナ~サンルイスのバスチケットを買っておきたかったところだけど、買えなかった。

バスの席が無ければ、大幅に予定が狂ってしまう。

さらに、ここでもう一つ問題が。

ブラジルのATMって、使えるヤツが少ない。最強だと思ってた新生銀行のカードすら使えない。
これはピンチです。
バスターミナル中のATMに片っ端からカード突っ込んで、やっと引き出せる機械を発見して、ホッとした。


さぁ、フェイラデサンタナに向かおうか。

朝8時発、乗車時間1時間40分。めちゃくちゃ綺麗なバスでした。25レアル。


で、フェイラデサンタナのバスオフィスでサンルイス行きを探す。

昼の12時発があるという。

が、満席。

サンルイス行きのバスは一日1本。3日で3本。


やってもうたか。

仕方が無いので、切り替えて他のルートを探す事に。


どうやらここから19時55分発、テレジーナ行きがあるみたい。

テレジーナは結構サンルイス寄りにあるから、そこまで行けば何とかなるでしょう。


そうと決まればチケット買って、後は発車時刻までひたすら待つ。

バスターミナルのベンチでスマホでマンガ読んだり、眠ったり、約10時間。

隣のスーパーで食料も買い込んで、ようやくバスに乗り込みます。


乗車時間19時間。158レアル。

やっぱりブラジルの移動費高~。

サンルイス6
もう夜行バスでの長距離移動が多すぎて、時間の感覚マヒです。

もう何時間走ってるのか?


いつの夕方か分からんけど、テレジーナに到着しました。

サンルイス7
向かう先が同じブラジル人。
彼に付いていこう。


テレジーナからサンルイス行きのチケット買って、またバスに乗る。

この頃にはもう、いくら快適なバスでもうんざりです。

16時30分発、夜中着。48レアル。


予定通り、サンルイスに夜中到着してしまった。

いやー、こう言う時こそ、何かトラブルでも起こって到着遅れたら良かったのに。
朝到着すればベストだったのに。


有無も言わさず夜中のバスターミナルに放り出される。


ターミナル泊決定。

サンルイス8
仲間も増えて4人居るから心強い。
寒くないし。


翌朝、バスターミナルに荷物を預けてサンルイスの町を見に行く事に。

バスターミナルの前から出てる市バスでセントロと呼ばれる地区へ。

サンルイス3
サンルイスの歴史地区も世界遺産に登録されてます。

カラフルなコロニアル系の町並みはもう飽きてきた。特に「これはっ!」って言う建物も無いし。


そう思いながら歩いてると、向こうの方で何かやってる。

サンルイス2
学生のパレードです。
服装からして、パレードの練習でしょう。


サンルイス9
練習だからか、どうなのか、ダラダラとした行進でした。
日本の学校だったら先生にめっちゃ怒られるレベル。


うーん、サンルイス…

印象薄いぞ。
何か無いか?何か。

サンルイス4
店の娘が可愛かったから、コーラ2回飲みに行ったー!

サンルイス5
めっちゃ安かったけど、めっちゃ硬い飯ー!


印象、こんなくらいか…



早々とバスターミナルに戻って荷物をピックアップして、移動です。

バスで4時間程のところにあるバヘリーニャスへ。
14時発、28レアル。

バスを降りると、客引きに案内され、ポサダチアコータと言う宿にチェックイン。

今夜はベッドで眠れる。



翌日は楽しみにしてたレンソイス観光です。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト遥かなるサンルイス

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。