上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンルイスのバスターミナルで、たくじさんとスミちゃんの2人に奇跡の合流。

俺とナオ君の弾丸移動から逃げ切る事は不可能。


バスは別々だけど、4人パーティーになってベレンに到着。

日本人が経営しているRESIDENCIA B&Bと言う宿にチェックインしました。
ドミトリー35レアル、朝食、キッチン、Wifi有り。
住所はR. Tiradentes, 23 - Reduto Belem

ベレン8
ベレンはアマゾン川の河口にある街で、北部ブラジルの中心の街です。

人口130万人の大都市。
やけに細い高層ビルが数多く立ち並んでいます。

大型ショッピングモールやファーストフード店もあり、アマゾンのイメージを覆す近代的な街です。

大都市なので、治安はどうだろう?
ある日、街の真ん中で若者グループが喧嘩してて、逃げるヤツにコンクリートブロックとか、硬いヤシの実とか投げつけてた。
一瞬その場に緊張がはしったけど、刃物とか銃は出なかったから良かった。

木の実投げ合ってる間は大丈夫です。

でも、宿の人は、ちょくちょく強盗被害があると言ってたので、注意が必要。


ベレンには、日本の移民も住んでいる。
ベレン10
良く見かけたスーパーマーケット。
恐らくベレンで1番の店舗数なんじゃないだろうか。

Y.YAMADA

僕、山田です。下のイニシャルYです。
わたくしY.YAMADAは、スーパーとは何の関係も無いけど、地球の裏側でこんなん見るとちょっと嬉しくなってしまうものです。

まぁ、別に「山田割引」とかあるわけじゃ無いから、「山田で良かったー」とはならないけど…

ちょっと嬉しかったんだよう!


しっかし、暑い暑い。そんで、汗が乾かない。

ほぼ1年中暑くて湿気の多い日が続くみたいです。



ベレンの事は昔から知ってました。

その昔、熱帯魚が大好きだった頃、アマゾンに憧れ、思いを馳せていたから。
アマゾン川の入り口にあるこの街は、どんな街なんだろう?アマゾン川はどんな景色なんだろう?どんな魚が採れるんだろう?どんな人が住んでるんだろう?

そんな事をずっと思いながら地図帳を眺めてました。

小学校か中学校の文集に「将来、アマゾンで魚を採る」って書いたのを覚えてる。

その夢が長い年月を経て叶った。
アマゾンの魚への情熱は、当時に比べれば冷めてしまったけど、まだ魚は好きです。

フィッシュマーケットは絶対に見に行きたい。巨大なナマズを見たい。


フィッシュマーケット目指して川沿いを歩きました。

ベレン7
川には水上ガソリンスタンド有り。

沖の方にあるなら分かるけど、こんな岸の近くで浮かべる必要ある?


ベレン1
夕方の市場の近くには、とっくに漁と水揚げを終えた漁師達。

そう、とっくに仕事を終えた漁師達…

遅かった。
フィッシュマーケットはもうすでに終わってました。


明日や明日!

明日は午前中に来るぞ。
今日は他の市場見て帰る。


ベレン2
膨大な種類の雑草…イヤ、薬草があるんだろうな。

アメージングアマゾン。

ベレン3
可愛らしいオカメインコ、捕まっちゃったんだね。

100レアルで売られて行くよ。
それにしても高いな?高級品やなオカメインコ。捕まえに行こかな。


ベレン4
野菜やフルーツのマーケットはまだ開いてたから、大きなパイナップル買って帰りました。
2個で5レアル(200円ちょい)。安い!


翌日は、念願のフィッシュマーケット。

ベレン5
早速ヨロイナマズ。

プレコとか、コリドラス等がこのヨロイナマズのグループに属する。
一番好きなナマズのグループです。
口が下についていて、コケとか、水底の死骸とかを食べる、掃除屋です。


ベレン6
切り身にされてるけど、めっちゃデカイ。
後ろに並んでるナマズも、成人男性くらいの大きさか。

アマゾン川にはピライーバと言う、人を丸呑みにする巨大なナマズが住んでいる。
大きなものは3,5メートルを超える。
昔、テレビで観てすごいワクワクしたのを覚えてる。

人間を丸呑みにするナマズ、居てもおかしくないよ。
居るんだよ、きっと!ロマンなんだよ。



念願のフィッシュマーケット見れた。
アマゾンの魚への情熱が再燃しそうです。

ただ、思ってたよりも規模は全然小さく、種類も少なくて、少しがっかりでした。

魚を見るチャンスは今後またやって来るでしょう。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトベレン

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。