上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝、乗り合いタクシーでニューニッケリーを出発。

2時間程走って港に到着。


ガイアナ1

フェリーで川を渡ります。
1日1本、昼前に出港。700円くらい。この時点で残りのスリナムドル20円くらい。

危なーギリギリ。


ターミナル内はハンパない混雑。カオス。

フェリーのチケット売り場も出国カウンターも長蛇の列、足の踏み場も無い程に。

お分かりの通り黒人、インド人がきちんと列を作るハズが無い。

仕事も遅い。
どんどん人が溜まって行く、と言う悪循環で疲れ果ててしまった。


ガイアナ2
乗船開始とともに先を争って進む人々。
ゲートの前に並んでた人なんか関係無い。

ゆずる事なんかありえない。黒人、インド人の国スリナム&ガイアナ。


フェリーは出港してから20分ほどで対岸に到着して下船開始。

我先に争って降りようとする黒人、インド人。


この光景を見て思った。

ガイアナも期待出来んな。



イミグレーション前にはまた長蛇の列。
仕事が遅いくせに窓口はガイアナ人用の窓口1つと、外国人用の窓口1つ。

でも、でーもー、待ってくれ。
1つ褒めるところがあります。

スリナム側と違うのは順番を抜かそうとしたヤツ、列を乱すヤツは係り員に怒られると言う事。

当たり前の事だけど、褒めときましょう。



ガイアナ入国スタンプをもらい、港の前で車を待つ。

両替人が寄ってくる。
スリナムで騙されてからは、もう両替恐怖症なのです。
全員悪人に見えてしょうがない。



車に乗り込み、目的地はガイアナの首都ジョージタウン。

ガイアナ8
途中、長い浮き橋を渡ります。


田園風景とやたら目に付くインド寺院。
そんな景色を横目に見ながら3時間弱。


夕方にジョージタウンに到着。
そして、運転手にそのままブラジル行きの車が出てる所に連れて行ってもらう。

ジョージタウン滞在しない事に決定。

ガイアナ4
この宿の前から18時発。
ブラジルレアル払い可。130レアル(6000円弱)。



ガイアナ3
出発まで時間あるので、ちょっと散歩したけど、都会的な雰囲気は無く、ただの町でした。

ガイアナも物価高いです。スーパーでしか買い物してないけど、日本の値段と変わらない。

ガイアナ6
ハイ!さいならー。


夜中3時に川に到着。
そこで待機。
橋が無いので、渡し舟を待たなくてはなりません。

寒い中、ハンモックで強制仮眠。
早速ブラジルでもらったハンモックを使わせてもらいました。ハンモック吊る練習もしとかないと。


ガイアナ5
朝5時半に起こされて川を渡る。

ガイアナ7
そしてまたジャングルの中をひたすら走る。

めちゃくちゃ暑かったー。


ちょうど昼の12時に国境の町レテムに到着。

何もしてないガイアナ出国です。

ガイアナ9
道なりにずーっと歩いて行けば橋を渡ってブラジル入国です。

ブラジル側のイミグレーションが14時に開くので、のんびり歩いて行きましょう。

そしてブラジルの入国スタンプをもらってブラジル入国。


はーっギアナ3国抜けたー。疲れた。


イミグレーションの前から出てるバスでボアビスタへすぐに行けます。


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトガイアナも通過

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。