上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタエレナデウアイレンに到着した我々はホステルバックパッカーズにチェックイン。

お値段は嬉しい1泊300円以下。
久しぶりにネット環境もある。


ここでベレンで分かれた、タクジさんと合流。

一緒にロライマ山に行こうと言う話になってたので、かなり待たせてしまった。

スミちゃんはエンジェルフォール見に行ってるみたいで、近いうちに帰ってくるらしい。


と言う事なので、俺とナオ君もちょっとのんびりさせてもらおうか。
ギアナ3国の疲れを癒そう。

この町には何も無いので、飯行く、カフェ行く、ショッピング、終了の生活。

サンタエレナデウアイレン1
何ともボリューム満点の飯。

豆、米、野菜、肉、バナナ、これ食ってたら病気しないな。

町はずれの教会に
サンタエレナデウアイレン6
初めて見た、タイルで出来た祭壇。



何日か経って、スミちゃんが帰ってきたので、ロライマの準備にとりかかります。

先ずはツアー代金の両替ですな。

町中に立って「カンビオ」「ドラレス」って声かけて来る人が両替人です。

ベネズエラの通貨事情を説明すると、米ドルを現地通貨に両替する際、アルゼンチンと同じく闇レートと言うものが存在する。
しかも公定レートの6倍もしくはそれ以上。
間違ってもATMで金を引き出す事の無いよう、必要十分なドルかブラジルレアルを持って行かないと、ベネズエラでは大変な事になります。

でも不思議な事に、物価を公定レートで計算すると、高すぎるんですよね。
闇レート計算でちょうど良いくらい。

とにかく、
サンタエレナデウアイレン2
3人で両替して、こんななりました。

日本で考えると、最高額紙幣の万札と5千円札がずらーっと並んでる事になる。

サンタエレナデウアイレン3
束の間のリッチな気分を味わってから支払い。


サンタエレナデウアイレン4
数えるの大変。

5泊6日でロライマ山を登るツアー

ガイドとかポーターとか食事とか全部込みこみで計算すると1人180ドルちょい。


出来るだけ早く行きたいと行ったら、2日後の出発にしてくれた。
支払った日の翌日。

本来なら5人集まらないとツアーは催行されない。

が、オーナーのエリックは
「他にロライマ行く人を探してみるけど、もし集まらなくても4人でこの値段で良いよ」

と言ってくれた。
ありがとうエリックさん。


必要な物の買い物を済ませて、後は明日を待つだけ。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトベネズエラの闇レート

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。