上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日は1日中ロライマ山の上の色んな場所を見て回ろうという日です。

テーブルマウンテンの上満喫の日とでも言ぅときましょうか。


朝一からガイドのアレックスのジョーク、「キミ達の朝食はコーヒーだけだよ」をいただいてから朝食です。

朝から彼は、仕事熱心。



朝一に向かったのはクリスタルバレー

ロライマ4、1
クリスタルバレーと聞いて、めっちゃ楽しみにしてた場所です。

ロライマ4,7


ロライマ4,4
全国の山田を代表してクリスタルで描いてきました。


クリスタルがただの砂利に見えだした頃、再び歩きだします。


ラ・ベンタナと言うポイントに向かいます。

ここからの眺めはサイコーと言う事なので、楽しみ。


その景色がこれだ!


ロライマ4,3

ガス!

ロライマ4,6
右上に立ってる米粒みたいなのは俺ですよ。(タクジさん撮影)

上からは何も見えないから、こんな所に立ってるとは思ってなかった。
後から写真見せてもらってガクブルですよ。

しばらく待ってみても、結局ガスは晴れず。


ハイ次。

ジャグジーと呼ばれる場所。

ロライマ4,5
んー水風呂っ。寒いっ。


ハイ次っ。

は、一旦キャンプ地に戻ります。

ロライマ4,2
ロライマ山の植物達、ウツボカズラとモウセンゴケ、どちらも食虫植物。

ロライマ4,9
変わった形の植物ばかり。
確かにテーブルマウンテンの上は、独特の生態系をしています。



昼食を食べた後、予定では洞窟に行くという話だったが、ここにきて雨とガス。

キャンセルキャンセルー。


UNO、UNOー。


予定を変更してUNOに興じる。

我々のレベルの猛者になると、ロライマまで来てUNOをする心のゆとり。

外は雨とガス。

何時間も何試合も続くUNO。

約1名が負率5割と言う驚異的な数字をたたき出したUNO。



そんなUNOに熱中してる間に、いつの間にか雨も止んでガスが晴れてる。

忘れてはいけない、テーブルマウンテンの天気はコロコロと激変します。



これは、今ハイエストポイント行けば夕陽が見れるチャンスじゃないか?

ガイドに相談すると「行っといで。」と言う。

俺とタクジさん2人でハイエストポイントに走った。


UNOやってる場合じゃなかった。

外の様子こまめにチェックするべきだった。



心臓が飛び出しそうになりながら走って登って。




間に






ロライマ4,8
あわず…

UNOのアホー。



帰りは真っ暗な道をヘッドライトの明かりを頼りにトボトボと帰りました。

暗いのと、雨で水溜りの地形が変わってたので、遭難しかけたけど、何とか無事にキャンプ地に生還。



明日は下山の日なんだけど、どうしても綺麗に晴れたテーブルマウンテンの姿が見たい。

出来ればもう1日ツアーを延長したいと、ガイドにお願いしたけど、無理でした。


そうなると、明日がラストチャンス。


明日の早朝、もう1度ビューポイントの「ラ・ベンタナ」に行きます。


晴れるか、ガスか。

我々は、持ってる人間か、それとも持ってない人間か。


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト4日目、ロライマトレッキング

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。