上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果たして持ってるのか、持ってないのか。

運命の朝です。

「また天気の良い時期に来ればええやん。」て言って来れる場所じゃないからなぁ。


日の出前、5時過ぎにキャンプ地を出発して。
早歩きでビューポイントの「ラ・ベンタナ」に向かう。

今、天気が悪いからと言ってあきらめずに、とりあえず行ってみる。
ロライマ山では、これ大事。


ロライマ5,1
そして30分後到着。
雲は多いけど、晴れ間も見えてる。

下から雲が湧き上がってくる様子も無い。
後は風で残りの雲が流れて行けば。

めまぐるしく変われ天候。
この後雲は晴れるのか?

ロライマ5,3
持ってたよー。

土壇場で晴れたよー。
後ろにあるのは隣のテーブルマウンテンのクケナン山。
朝日に照らされてまぶしく光るその姿は感動です。

テーブルの角も平らな面もくっきりと出ました。

ロライマ5,2
ロライマ山の方も、時間と共にどんどん晴れて行く。

しかも下を見れば雲海。
正にぃー、この景色が見たかった。
下界と隔たった世界。秘境っぽさが出るもんな。


天空の城ラピュタ状態。

ロライマ5,5
まるで雲の上に浮かぶ大陸状態。
滝に朝日が当たってまるで、ん?

”撮影できません、バッテリーを交換してください”

ここでカメラの電池切れ。
ハチドリ撮るのにカメラ使いすぎたか…ハチドリのアホー。


ロライマ5,7
良いさ、俺にはまだパノラマがある。

パノラマ写真家、パノラマフォトグラファーにとって最高の素材が目の前にあるではないか。
平べったくて横に長ーい被写体が。

ロライマ5,6
みんな良かったね。
ロスタイムにシュート決めたね。

いい笑顔してるよ。



時間が経つにつれて、下から雲がもくもくと上がってきました。

やっぱり目まぐるしく天気は変わる。10分単位で変化する天気。


キャンプ地に帰って、アレックスの例のアレを聞いてから朝食。
もう飽きた、大分前からもう飽きてるけど。

ロライマ5,8
下山します。

山の事故は下山時に多いと言うから、ロライマトレッキングでここが一番の山場でしょう。
急斜面、不安定で滑りやすい石。

危険な急斜面を注意しながら下ります。

ロライマ5,11
ヒザに来るけど、下ります。(ナオ君撮影)
一気に1日目のキャンプ地まで行きます。

途中で雨が降ったりしたけど、気分が良いから足取りは軽い。
歌を歌ったりしながら8時間後に到着。

誰一人ケガもせず、無事ロライマ山から下山できました。
あと1日あるけど、後はほぼ平坦なので大丈夫。

ロライマ5,9
早速パノラマ。

右がロライマ山で、左がクケナン山です。
晴れとるな。
今日上に居た人は、きっと最高でしょう。

ロライマ5,10
ここに来て綺麗な夕陽が見れた。


夕食時には恒例の「今日の夕食は…」アレーックス!もうええ。


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト5日目、ロライマトレッキング

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。