上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な予感はしてたけど、案の定バスは早朝の真っ暗な時間に到着。


降ろされた場所もバスターミナルでは無く、オフィスと言うか、どこかの路上。
仕方が無いので、明るくなるまで近くの食堂でコーヒーでも飲みながら時間をつぶす。


暗いうちにウロウロしたくないからね。
特に大都市は治安の面で心配だし。


明るくなって人通りもそこそこ出てきたので、宿まで歩き出す。

どうやらここはマリスカル地区と呼ばれる新市街の端っこ辺りらしい。



安宿が多いと言うマヌエラカニサレス駅と言う所まで20分くらい歩く。


が、どこの宿もベッドが空いてないと…

何件か聞いて回って、空いてる宿発見。良かった。


飯を食って民芸品市場をちらっとのぞいて、赤道に行きます。


メトロビアの終点オフェリア駅まで行って、そこから「ミタエルムンド」行きのバスに乗り換えて何やかんやで1時間くらい。
キト3


メトロビアとは、キト市内を走る専用レーンを走るメトロバスの事。
キトには他にエコビアとトロリーバスが走っていて、なかなか便利。それぞれ専用レーンを走るので、渋滞知らず。
しかも1回の乗車で25セントと言う安さ。

ただし、トロリーバスの混雑具合はハンパ無い。
スリも多いらしいし、気を付けないと。


そして到着した赤道記念碑。

キト1
まぁ仮面被るよね。


ここで、一つ問題が。
実はこの記念碑と実際の赤道は少しずれてる。現代になってGPSで測量して発覚したそうな。

本当の赤道の場所は隣の敷地。

キト2
ここです。

ここも別の入場料がかかると言う事なので、入らなかったです。


頼むから、敷地つなげて共通の入場料にしてくれ。


タクジさんと文句をたれながら赤道を後にします。


次に向かうはテレフェリコと言う丘。

メトロビアのセミナリオ駅付近から路線バスが出てます。

路線バスを降ろされてから、息を切らしながら坂道を登ってロープウェイ乗り場へ。

ロープウェイ往復8ドル!そこそこ高いぞ。
現地民と一緒のグループだと割引があるみたいです。


ロープウェイはどんどん登って登って、キトの町がどんどん下になって、

キト4
展望台に到着。

大パノラマでした。

パノラマ?

キト8
パノラマ写真ですね。


キト5
夕方の時間帯なので、刻一刻と空の色と景色が変わっていきます。


キト6
富士山みたいな形の山は、ご存知コトパクシ山です。
看板に書いてありました。

それにしても寒いぞ!
空気が冷たくて手が凍りそう。

そう、ここは標高4500mを越えてるから。

薄着で来てしまいました。
山をナメてました。

キト7
何とか日没後の夜景まで我慢する。

綺麗な夜景が観れました。

帰りもロープウェイ。

で、ロープウェイ降り場から路線バスの通る道までシャトルバスがありました。


慌しくキト1日目が終了。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト首都キト

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。