上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボゴタの宿は、メデジンのLemonHostelの兄ちゃんに紹介してもらった

BuenavidaHOSTELにチェックイン。ドミトリー15000ペソ也。

コロンビアの安宿の相場はこれくらいの値段かと。

そんでもって、コロンビアの宿は全体的にクオリティが高く、居心地良いです。



コロンビアの首都ボゴタ…

南米大陸で第4の規模を誇る大都市。
かつて危険な都市として名を馳せたボゴタ。
少し前に大規模な暴動のあったボゴタ。
たまに爆弾テロの起こるボゴタ。

でも、現時点では大丈夫そう。
何を根拠にしてるかは分からんけど…

何となく。
そう信じないとやってらんないでしょう。


ボゴタの旧市街もまた、コロニアルな町並みです。
町並み飽きてきた…

ボゴタ1
宿の前はこんな感じ。
歴史地区の様なエリアで、坂道を登った所にあります。


早速ボゴタ観光に出かけます。
ボゴタ5
宿の近くにある貨幣博物館へ行きます。


ここにはボテロと言う人の作品を見る事が出来る。
コロンビアを代表する画家、彫刻家。
この人の作品は、すべてが肉付き良く描かれる。

ボゴタ2
モナリザがこうなる

ボゴタ3
木も太る。

ボゴタ4
何でもかんでも肉付き良く描かれる。


ボテロと言うアーティストの作品が多数展示してあるこの美術館。

入場無料、写真撮影OKです。

ついでに貨幣博物館も見学して、最後に記念コインをもらって出ました。


続いてボリーバル広場。

歴史地区と、商業地区と政府官庁街のちょうど間にある、南米で良く見かけるタイプの広場です。

ボゴタ6

ボゴタ7
なかなか多くの人で賑わってる広場。

家族連れから怪しい人間まで色々な人達が憩っております。

ボゴタ8
コロンビア美人な少女発見!
さすが美人大国。バンザイ。

ボゴタ13
おぼただしい数のハト。
一度にこんな数のハトを見たのは初めてでした。



ボゴタ26
そんなにみんなで注目せんといてー。
あっ、ちなみにちゃんと「写真撮って良い?」って聞いたら、「もちろん良いよ。」って返事が返ってきたので。


ボゴタ9
この辺りは警察も多いし、大丈夫なエリアだと思う。

そう言えば、メデジンで会ったコロンビア人がどこかのエリアは行ったらイカンって行ってたなぁ。

どこだったかは忘れた。


ボゴタ11
中心街の大通りが歩行者天国になってたので、道端で色々やってました。

これはクイと言う動物を使ったレース。
道端で怯えて動けなくなっているクイがとにかくめっちゃ可愛かったです。


ボゴタ12
アーティストが道に描いていたり。


前々から思ってたけど、写真が縦向きばっかりやな…

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトボゴタ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。