上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何やかんやでオタバロには2週間居ました。

宿が居心地良かったから。


オタバロ50
それに、オタバロの町も平和で居心地良かったから。


オタバロ51

オタバロ49




滞在期間中、土曜日のマーケットデイが2回あって、久しぶりに民芸品を買いました。
オタバロ42


オタバロ43
これです。
見つけた瞬間に速攻で買いました。
この辺りの祭りで使う仮面で、頭の飾りは12ヶ月を、しま模様は1週間を、裏と表で朝と夜を表してるそうな。

お値段は6ドル也。

とにかく被ると顔も首も暖かいんです。いやー良い買い物したー。


オタバロ44
民芸品の町なので、そういうのが好きな人にとって、ここは買い物天国だと思います。





オタバロの隣町に滝があると言う事なので、ある日行ってみる事に。
オタバロ48
町からこの線路をずっと辿って行く。

それにしてもひどいレールの歪み。もちろん廃線で、列車は通ってないです。


歩いて1時間くらいで滝に着くので、存分にマイナスイオンを浴びましょう。

ここでレンズフィルターの効果を試してみる。
今回使うのはNDフィルター(減光フィルター)。

明るい場所でシャッタースピードを遅くしたい時に使います。

オタバロ46
シャッタースピードを遅くして水の流れを撮ると面白いです。




オタバロ45
オタバロは本当に民族衣装率が高い町です。
おばちゃんも、若い娘も、子供も着てる。

特別な時にだけ着る民族衣装よりも、生活の一部になってる民族衣装って好きです。

オタバロ53
オタバロは物価も安いし、好きな町ランキング上位に入りそうな沈没スポット。


宿では、久しぶりに日本人と出会いました。
コロンビアでは、ほとんど日本人に会わなかったな。

久しぶりの日本語で、ちゃんと人見知りせずに話せました。
以前ベネズエラで会ってた人だったから。

そして一緒に湖にも行きました。
オタバロ54
火山のカルデラに青い水が溜まってるクイコチャ湖。

時間の関係で1周は出来なかったけど、アメリカ人の夫婦と共にトレッキングしました。



オタバロ47
宿のおっちゃんにカナブンもらいました。

「カツソース欲しい?」って聞くから、その美味しそうな響きにつられて「欲しい」って言ったら、山盛りでもらいました。




と言う感じだった2度目のオタバロでした。


オタバロ55

出来る事ならもっと沈没していたいけど、そろそろパタゴニアが良いシーズンを迎えるので、ちょっと急がないと。

行きます。
進みます!

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトオタバロの日々

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。