上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、大移動開始です。

何でこんな事になったのか?

今までのんびりしすぎたせいで、急いでパタゴニアに向かわないといけない状況に陥ったのです。
パタゴニアの夏は短いからね。


第1回戦

クエンカからペルーのチクラヨへ。

夜行バスで、21時発、翌日の朝到着。



第2回戦

チクラヨからリマへ。

こちらも夜行バスで、18時発、翌日の昼リマ到着。



第3回戦

リマからクスコへ。

こちらも夜行バスで、昼すぎ発、翌日の昼到着。

クスコ1
パノラミコと呼ばれる2階の最前列の席にしてみた。

眺めがよさそうに見えるでしょう。
でも、天気悪かったから、すぐにガラスが曇って何も見えないんです。


3回戦、3夜連続の夜行バス移動を経てクスコでギブアップ。

ちょっと休憩します。
本当ならボリビアまで行ってやろうと思ってたけど、もう無理。

クスコ2
クスコ到着。
早く降ろしてー!



クスコのバスターミナル近くの道を通る市内バスでアルマス広場の近くまで行き、そこから歩き。

やっぱり標高が高いせいか、結構息が切れます。
タバコのせいか?

まぁ僕は高山病と言うものになった事が無いので、大丈夫だと信じてます。


上り坂をずーっと歩いて宿に向かいます。

最後に階段を登り、プーマと言う宿にチェックイン。


久しぶりに多くの日本人を見かけます。さすがクスコやね。


宿は小高い場所にあるので、眺めが良い。
クスコ3
赤い屋根、ひたすら続く赤い屋根。


クスコ4
ちょっと左を向くと、こちらがアルマス広場。

このアルマス広場付近の教会前で二胡の路上演奏をする事に。
ペルーの反応はどうか?ペルーでも稼ぐ事は可能か?二胡演奏の可能性を試します。

結果、思った以上に稼げました。
演奏開始から30分経ったくらいに、警察が来て、「ここで演奏しちゃダメ。」って言いながら小銭入れてくれました。周りの人達から拍手。

まぁ、一応ストップがかかったので、今日はここまで。

ペルーでも大丈夫、1日1時間二胡弾いてれば十分食っていけます。


”芸は身を助ける”ですね。


クスコ5
一応、クスコの町もぶらぶら散歩しました。
今までと違った町並みで、なかなか良い雰囲気でした。

クスコ6
じゃぁ、クスコはもういいかな。


パタゴニアの後でまた来るしね。

観光するのはその時にしよ。


十分に休めたので、移動します。

チャオ、クスコ。
多分また来ます。


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトいざクスコへ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。