上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずの目標としてたボリビアの首都ラパスにやって参りました。
大移動を終えて、ちょっと心に余裕が生まれました。

ラパス1
毎朝とても天気の良いラパスの町。
昼過ぎになると曇り出し、夕方か夜には雨が降ります。
雨季だから、ほぼ毎日こんな天気。

ラパス2
丘に張り付く様にビッシリと立ち並ぶ家。

丘の上には雲がかかって幻想的な景色でした。


ラパスではやらないといけない事がいくつかあります。


先ず第一に

歯医者へ行く。

エクアドルで柔らかいチキンを食べてたら歯が折れてしまいまして…俺もうおじいちゃんです。

これを治療しないといけないんです。


日本語の通じる歯医者さん「Wilde」の住所はこちら。
Av,Fuerza Naval 1625 Calacoto Lapaz (calle23との交差点付近。)

最近移転したみたいです。前の住所の場所を探し回ったけど、無くなってて焦りました。

ラパスのセントロからコレクティーボで30分くらいです。



この時、日本語を話すお医者さんがどこか違う町へ行ってたらしく、帰ってくるのは来週になると言われた。

仕方無く英語は話す先生に診てもらいました。


2回通って
差し歯デビューしました。(仮の差し歯)

他に虫歯1箇所と奥歯の詰め物が取れた場所の治療もしてもらい、料金が

約200ドル…手痛い出費となりました。


なので稼ぎに行きます。

宿のすぐ近くに歩行者天国があるじゃないか!


何度か二胡演奏で稼ぎました。
ラパス5
1時間半で宿代4泊分。

ただしこの場所、良さげな場所は、朝は変な笛吹きのおっさんに「あっち行け」と追い出される。
夕方は天気が悪く、雨が降る。
または「ここは私の露店の場所よ」とたらい回し。

だから限られた時間と時間の間にしか出来なかったです。


でも、まぁ短期間で集中的に稼げれば、それに越した事は無いでしょう。



もう一つ、ラパスでやらないといけない事。

荷物を日本に送る。

お土産と荷物が増え続けたので、ここで送ります。
エジプト以来送ってないので、結構溜まっております。

郵便局に行き、料金を尋ねると思ってた料金よりもめっちゃ高い。


高っ!

なので、最小限の物だけ送って3キロ。約80ドル。


ちょっと前までは安かったみたいだけど、現在一番安いやつでこの値段でした。


またまた手痛い出費ー。




この宿、客が全然居ないんです。ほぼ貸切です。
丁度クリスマスの日から、年明けまで居たけど、ずーっとそんな状態。

ラパス4
クリスマスイブの日の光景。
どうでしょう、クリスマスっぽさ出てるでしょう!
僕は大丈夫です、去年もこんな感じだったし。

基本的に、クリスマスがなんぼのもんじゃいと言うスタンスなので。


年越しもラパスです。

コロンビア人の旅行者達と過ごしたので、かろうじて一人ぼっちでは無かった。

ラパス6
年越した直後、みんなでスラムの上の町に行ってみました。

ゴミが溢れ、花火が飛び交い、酔っ払いに絡まれたので、さっさと下の町に帰りました。



2014年の新年を迎えました。

今年も平和でありますように。
ラパスだけに。
(スペイン語でPazは平和と言う意味。)

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトラパスでしないといけない事

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。