上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンチアゴ7
サンチアゴの町で見かけたヤクザ寿司。
絶対日本人経営じゃないな。

そんなんどうでも良い!


チャリ旅で必要な事それは

走る食べる寝る

この3つ。



先ずは走るのに必要な物から買出しに行きたいと思います。

えーっと…自転車はあるから、次に荷物を積むキャリアが必要やな。

後ろのキャリアは自転車買ったときに付けてもらったので、前にも荷物を積めるようにキャリアを取り付けます。駅の近くの市場で安いキャリア(2000ペソ)を買い、曲げて取り付ける。

壊れませんように。

次に、自転車屋街と市場を行ったり来たりしてパンク修理の道具と空気入れ、それと工具も買い揃えます。

荷物を固定するゴムロープも買った。
道端に捨てられてた自転車のゴムチューブも拾って、荷物を留めるのに使います。

こんなもんでOKかな?


次は食べるのに必要な物の買出し。

アウトドア用品店で見た鍋は高いしサイズがイマイチ。
市場へ行くと、具合の良い鍋が売ってました。大きい方の鍋に小さい方の鍋が納まるタイプで、フタも閉めて固定できるヤツ。値段も2500ペソ、2000ペソとお手ごろ。
スプーン、ナイフ等も市場で仕入れる。それぞれ100ペソ、300ペソ。

ガスバーナーは武器屋街で仕入れる。
これは壊れると死活問題なので、ちょっと良いヤツを買う。23000ペソ。
ガスは市場で1缶2350ペソ。

最後は寝る

Zzz…寝てる場合じゃない!買出し行かなくちゃ。

寝袋は持ってる。
マットはコロンビアでタクジさんにもらった。

あとはテントが必要。

これも武器屋街で探して、見つけたのは10000ペソのテント。

アフリカで使ってたヤツと同じタイプのテントで、かなりの安物です。
このタイプ、雨に弱いので、外に被せるシートを買わないといけない。

2m×3mのビニールシートも買います。2100ペソ。




こんなもんでしょう。

あとはちょこちょこした小物類、カギとか、ライトとか。

サンチアゴ6
宿から自転車で1時間走ってサンチアゴの新市街にも行きました。
でっかいホームセンターがあるけど、特に買うものは無かった。



宿では色々な物をみんなにもらいました。

ゆうた君からは防水バッグ。
モモちゃんからは折りたたみバケツ。
フランス人のおっちゃんからはブランケット。
チリ人のおばちゃんからはバッグとお守りの銀の指輪。


ありがたやー。

オイラ頑張るよ!

サンチアゴ13
こんな積み方で行ける?重心めっちゃ高いんですけど。

まぁ荷物の積み方は走り出してから考えよか。



準備も大体整った。

文章にすると短期間で買い物済ませた感じでしょう?
この準備に2週間かかってます。

暑くて宿でダラダラする日が多かったから。



二胡の路上演奏はと言うと、サンチアゴの中心街の歩行者天国では許可証が無いとダメらしく、仕方なく地下鉄の駅でやるけど、すぐに追い出され、良い場所が無い。

騒音がひどいバスターミナル前でやってました。1時間以上やって宿代1泊分がやっと。イマイチ…




いよいよ重い腰を上げて、出発する日が来ました。

さぁ、漕ぎだすと思うでしょう?


漕ぎません。イヤ、バスターミナルまで漕ぐか。


そう、自転車をバスに積み込んでバス移動です。早速バス使います。



ここからアウストラル街道の起点まで、退屈な道が続くと聞いてたから。

目指すは南へ約1000km、プエルトモンの町。


サンチアゴのバスターミナルまで自転車を漕ぎ、チケット売り場で何軒も「自転車積み込みたいんだけど」って聞くが、無理って言う返事が返って来る。

ようやく1軒のバス会社が、前輪を外すと言う条件でOKを出してくれた。バスチケットも16000ペソなので、他の会社より安いし。ここに決めた!と言うか、この会社しか無い。

自転車積み込みは乗務員に直接交渉。5000ペソしました。



自転車旅でーす。ゆったりシートに座りながらプエルトモンへ向かいまーす。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト脱サンチアゴ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。