上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、行くつもり無かったケジョンへ行かなくてはなりません。


あぁ面倒臭い。


カストロからケジョンまでは大体90キロってところかな?

昔、ママチャリで日本1周した時には1日170キロ走った事があるので、90キロなんぞあっと言う間ですよね。


大丈夫ですよね?多分。
大丈夫と言って!

と言うわけで、朝はちょっとのんびりしてから出発。


そして、少し寄り道して教会を見ていきます。

ケジョン1
ネルコン教会。
相変わらず独特の形をした教会で、世界遺産に登録されてます。


続いて見えてきたのは
ケジョン3
相変わらず独特の色をした教会。
ケジョン2
チャンチョ教会。


どちらの教会も、ほぼ通り道にあるので、時間のロスはほとんど無かったと思う。



それ以外にも通り道には小さな教会が沢山。

ケジョン6

ケジョン7
思わず止まって写真を撮りたくなってしまう様な教会達。

いわゆる可愛いというヤツです。


途中、何箇所かで大工事中で、どろどろの道を進む事に。
これからアウストラル街道に入れば、大部分が未舗装らしいので、予行演習になりました。
ケジョン5


ペダル重たい、ハンドル取られる、どろどろになる。
なるほど、これはツライ!

ケジョン14
それほど切羽詰ってないので、疲れたらのんびり一服ですね。

リフレッシュして、また頑張るわけです。

ケジョン8
途中には思わず立ち止まってしまう…

もう教会はええか。


そして夕方、遂にケジョンの町に到着。

ケジョン9
意外とあっさりと着きました。


そこそこの町なので、我等の味方の大型スーパーunimarcで買い物して、港へ向かいます。

天気は相変わらず不安定で、晴れてるのに雨が降ったり止んだり。
イマイチの天気です。

さすが雨の多い時期のチリ南部。

で、肝心のチャイテン行きのフェリーがどこから出るかと言うと、町中から少し離れたターミナルから出るわけです。

ケジョン10

メインストリートを引き返す方向にずーっとまっすぐ3、4キロ程行くと



ケジョン11
ハイ、ケジョンのフェリー乗り場に到着。

無事ゴール!

したはええけど、フェリーの出港は翌朝の4時半。
現在19時。


どこで待つ?
門番は「ターミナル内には午前2半まで入れないよ。」
と言う。

でも大丈夫、俺はテントと言う名の一軒家を持ち歩いてるから。

フェリーターミナルから、もうちょっと進んだ所にあるトラックの溜まり場でテント張って眠りました。


夜中に起きて、テントたたんでフェリーターミナルへ。
フェリーターミナルに着いてから気付いたけど、目覚まし代わりに使ってたスマホに1時間の時差(遅れ)がある事が判明する。

いやー、危ない危ない。


乗り過ごしたらまたカストロに戻るか、ケジョンに1週間滞在かと言う地獄の選択を迫られる所でした。

ケジョン12
無事乗船ー。


ケジョン13
一応、席は決まってるらしいけど、空席があるので横になって眠れました。


外は雨。

どうなる明日。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト面倒だけどケジョンへ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。