上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強風の為、みんなデシエルト湖を渡れずに湖畔でキャンプ。

イミグレのおっちゃんは「11時に船来る」って言ってたけど…


まだ少し風があるけど。
さぁ、今日は船来るでしょうか?

荷物をまとめて待ってると、遠くから小さなボートがやって来るのが見える。

イヤイヤ、小さいな!

チャルテン1
近づけば近づくほど小さいな。

チャルテン6
この数の自転車積めるんか?

船内も屋根も荷物でギッシリだけど、何とか積めたから、出航。



約1時間船に揺られて、細長いデシエルト湖を渡ります。

自転車込みで運賃150ペソ。こちらの船もなかなか高いです。


対岸に到着後に昼食。
他の自転車乗り達が続々と出発するのを見送って最後に出発。


チャルテン11

エルチャルテンの町まで残り37km。

楽勝ですよ。

あと未舗装路を37km走れば、そこから先は黒光りする道。

そう、アースーファールートーの道。

めっちゃ楽しみー。


走り出しは未舗装ながら走りやすい道が続いたけど、途中からはやっぱり悪路。

あぁ、道を荒らす車が憎い。憎いぞ。

チャルテン2

だんだんと道を歩く人を多く見かけるようになってきた。
近い、町は近いぞ。

そして午後16時。

チャルテン3
エルチャルテンの町が見えてきたー。

そして、
アースーファールートーの道になりました。


アスファルト
  ガタガタしないぞ
         静かだぞ
            (山田、心の俳句)

最高ー!

このエルチャルテンの町にもカサデシクリスタ(自転車乗りを泊めてくれる家)があると聞いたけど、今日はとりあえず、町の中心地にあるキャンプ場に泊まります。1泊50ペソ。

この人数で来たから、カサデシクリスタは多分人だらけかと…


翌日、朝起きてツーリストインフォメーションで情報収集です。

この町でするべき事、それはトレッキング。

Mtフィッツロイと言う有名な岩山があります。

チャルテン7
ずっと雲で隠れてて見えなかったけど、雲が晴れて来て姿を現したフィッツロイ山。


イヤイヤ、近いな。


チャルテン10
何か可愛らしい教会もあります。後ろには雲に隠れたフィッツロイ。

チャルテン4
ステンドグラス。ここにも後ろにそびえるフィッツロイ。

チャルテン8
町を歩けば、どこからでも見えるフィッツロイ。


でもちゃんとトレッキングには行きます。
もっと近くで見たいから。


何か移動するのが面倒でキャンプ場にもう1泊。

翌日、テントたたんで荷物を自転車に積み込んでカサデシクリスタに移ります。

走行時間5分。

チャルテン9
丘の上の区画にあります。

この裏にテントを建てさせてもらえ、シャワーもキッチンも使わせてもらえます。無料です。


ありがたやー。
(案の定、前日は満員だったらしいです。オイギンスからの船の関係で、混む時は混む。)

ここに荷物を預けて、いよいよフィッツロイ山を見に行きます。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトエルチャルテン到着

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。