上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝のんびり村を散歩して、昼前にパン屋を出発して、いよいよゴールのウシュアイアに向けて走り出します。


残り100kmをきりました。

フエゴ島27
ありがとう、パン屋ラウニオン。

天気は曇りだけど、今日はほぼ無風。
綺麗に紅葉した森林と、湖を横目に快調に走り出す。

きついアップダウンもそれ程無し。

フエゴ島29
途中にあったカラフルな集落。

ここを過ぎて少し走った所から道が登り始め、ひたすら登り。
いつ終わるのか分からない上り坂の先を見ると、道が雲の中に消えて行ってるのが見える。

最後の最後にどんだけ登らせるんじゃ!

フエゴ島30
いやー、しかし登ったなー。

フエゴ島31
登りきりました。
ガリバルディ峠でした。

雲の中で小雨交じりの峠を越えると下りです。

登りはもちろんツライけど、下りは下りで寒くてツライ。
さらに道も濡れてるからブレーキ握ってもなかなか止まらんから恐怖です。

峠を下りきったら進路は西へ。
心配してた向かい風も無いし、まだまだ疲労も溜まってないので、今日中にウシュアイアに着けそうです。

が、しかしもう一泊、最後にもう一泊野宿します。
一晩じっくりのんびりと野宿を楽しみ、存分に思い出に酔いしれたいと思います。

この辺りは森林地帯なので野宿場所は選び放題。テント張り放題。

フエゴ島32
最後は静かな森の中での快適なキャンプになりました。


翌日

最終日はザ・晴天。
風は強く吹いたけど、1泊追加して良かったと心底思える天気でした。

いよいよ今日、ウシュアイアに到着します。(予定)
残り40km足らず。
いくら何でも今日中に到着するでしょう。

たとえ自転車が壊れたとしても押して歩ける距離だし。

でも気を抜かずに、交通事故には気を付けて行きます。

フエゴ島33
正に絶景の道と呼ぶにふさわしい景色の連続です。
この直後に少し登り坂があるだけで、大きなアップダウンも無し。



フエゴ島34

フエゴ島35
ずっと走って来たアウストラル街道や、以前立ち寄ったフィッツロイとかパイネ国立公園が素晴らしいと言う噂はよく聞くけど、ウシュアイア周辺の噂はあまり聞かなかったから、正直あまり期待してなかったけど負けず劣らずの絶景でした。

フエゴ島36
素晴らしい景色に出会えました。


フエゴ島37
昼過ぎ、カーブを曲がると突然見えたウシュアイア。

フエゴ島38
感無量です。

フエゴ島39
最後だけど、一応やっときます。
お馴染みの仮面でゴール。


町の入り口から市街地までしばらく走り、有名な日本人宿”上野山荘”に行ってみたけど、閉まってました。
なのでツーリストインフォメーションで宿を探してチャリダーの集まる宿に無事チェックイン。

Backpackers EL REFUGIO DEL MOCHILERO
チャリダー割引でドミ110ペソ。
朝食、キッチン、ホットシャワー、Wifi、雰囲気も良いし快適な宿でした。


まぁ…とにかく
ゴ~~~ル!!!
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトゴールのウシュアイア到着

says... 承認待ちコメント

Date:2014/08/18 10:45

このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。