上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチンからボリビアに入ると、ガラリと雰囲気が変わる。

町並みも雑然として、パワフルで、何かアジアの香りがする。

人も変わり、インディヘナと民族衣装の人々でごった返す町。

ボリビアのラパスにまたやって来ました。

ラパス~プーノ3


宿は、前に来た時に泊まってたHotelセニョリアルです。


さぁ、今後のために早速お金を貯めよう。ブエノスアイレスで惨敗やったから…ちょっと自信喪失気味…

宿のすぐ近くの歩行者天国が主な仕事場なので、夕方からフラッと演奏に繰り出してみます。
ちょっと専門的な話になるけど、二胡の重要なパーツである”駒”が変形して、雑音が混じるようになってたので、スペアと交換しました。

これで綺麗な音が出るハズ。

結果、
大丈夫、十分稼げる。

ラパス~プーノ1
んー、安心安心。

しーかーもー

今までは1日1時間程の演奏で飽きてしまって「今日は終了~」ってなってたけど、今回は曲のレパートリーも増えたので、2時間くらい弾けるようになりました。
1日2回出る事も出来るようになりました。

5度目くらいの成長期です!

ラパス~プーノ2

ラパスでは、また特に観光もせずに稼いで次の目的地プーノへ移動です。

多分また来るっしょ。



バスターミナルに行って、ペルーのプーノ行きのバスチケットを買おうとすると、

「ストライキでバス無いよ。明日は多分出ると思う。」ときた。

出た!ボリビア名物ストライキ!
このストライキ、時には2週間程続き、その間交通がマヒする事もあると言う、旅人の天敵です。

まぁ、バス出ないもんは出ない。美味いもんは美味い。

明日は出る事を期待して、とぼとぼ宿に戻り、「えへへ」と苦笑いしながら再びチェックインです。


で!翌日。

「バス出るよ」ときた。

おぉ、出れる。


バスは出発して、しばらく走ると、
ドライバーが窓のカーテンを全部閉めだして、「途中、絶対にカーテン開けないように。ストライキしてる人を刺激しないように。」
と言う注意を受ける。

何?何?ちょっと怖いんですけど!

車内には、しばらく緊張した空気が流れる。

バスはバリケードを避けてグルグルと迂回しながらようやく市街地を抜けました。

はぁ~良かった良かった。
カーテンを開けると青空が広がってました。チチカカ湖の青い水面が光ってました。

とても清々しいです。

ラパス~プーノ4
途中、渡し舟に乗り、

コパカバーナの町でバスを乗り換えて、

国境を越えてペルー入国して、

ラパス~プーノ5


ハイ!プーノに到着。

2日稼いで

ハイ!クスコへ移動。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト2度目のラパス

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。