上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。
朝はテント凍ってパリパリです。標高上がったからやっぱり寒いです。

テントたたんで、いざ出発!言う時に、どこからともなくオッサンが近寄ってきて、「キャンプ場使ったから、チップちょうだい。」って来たけど、怪し過ぎるので、払いませんでした。
何も言ってこなかったので、ただのタカリだったんだと思う。


サルカンタイ21
ソライパンパを出発して、早速朝の山を撮ろうとしたら、ど逆光なんですけど。
でも天気良いからOK!

サルカンタイ22
1時間程歩いて、サルカンタイパンパに到着。ここまでは楽。
さぁ、ここから本格的に登り坂の開始。

しばらく進むと、道が2つに分かれてる。
だんだんと登るルートと、つづら折れで一気に上るルート。

んーどっちにしようか…

つづら折れで一気に上るルートを選びました。
こっちの方が眺め良さそうだし。

そろそろ標高も4000m超える頃でしょう。
空気が薄いから、ちょくちょく立ち止まっては息を整えながら登る事になる。

サルカンタイ24
ふー、と振り返るとこの景色が広がってます。
登ってきたな。

サルカンタイ23
とりあえず、つづら折れを登りきったところで休憩。

まだまだ登り坂は続く予感。

この辺りから、だんだんと荷物の重さが負担となり始める。
1週間分の食料やテント、その他もろもろを詰め込んだバックパックの重量は、20kgは優に超えてるでしょう。30kgは無いかな。

肩に食い込むー。


登り坂ではハーハー言いながら登り、平坦な道ではルンルンと歩き。
そんな感じを繰り返しながら進んで行きます。

サルカンタイ25
どんどんサルカンタイ山が近づいてきました。

そろそろ疲れてきたぞ。
立ち止まって息を整える回数も増えてきたぞ。

まだか峠は!


と思い始めた頃、

サルカンタイ26
見えた!
ツアーの団体さんが居る。あそこが峠やな。


サルカンタイ27
はいー、到着ー。
キャンプ地から約3時間かかりました。

標高は4600mあるんか、そりゃ息切れるハズやな。

ここの峠は、目の前、間近にドカーンと山がそびえ立つ、すごい場所でした。
大迫力で山が迫って来る感じ。

山が近すぎて写真に納まりきらんので、パノラマでいくか。
サルカンタイ28
うんうん、納まった。
真ん中のデカイ山がサルカンタイ山です。
標高6271mのこの山、登頂は困難を極め、数多くの登山家の命を奪ってきた山なのである。

サルカンタイ29
おびただしい数の石積み(コルン)が辺りを埋め尽くす場所でした。
ふと青森県の恐山を思い出した。似た景色だったかな?


ちょっと風があるので寒い中、山を眺めながら昼ご飯のパンをかじります。

しばらくすると団体さんも居なくなって、静かになった。
一人ぽつんと取り残されちゃいました。

寂しい?不安になる?

NO!

サルカンタイ210
こんな事言いたくない、言いたくは無いけど、

一人には慣れてる。慣れてるし…


さ、
寒くなって来たので、先に進みましょう。

サルカンタイ211
峠の向こう側はがっつり曇り。

この道をずーっと下って行きます。
下りは早いし、楽です。当然か。

サルカンタイ213

サルカンタイ212
振り返るとこの景色。
んー、鬼が島みたいな形で格好イイ。


サルカンタイ214
んー、休憩だ!
(決して裸で歩いてるわけじゃないよ。)


峠から1時間半ほど下ると、またパンパに出ます。
キャンプ地としては水もあるし、山も見えるし最高なんだけど、まだ時間あるから、なるべく下ります。

なるべく標高下げて、雪山から離れた方が寒く無いから。

サルカンタイ215


サルカンタイ216
ちょっとした集落があり、人も住んでる雰囲気の場所でした。

ここを過ぎた辺りから、気候が一変します。

蒸し暑い。

サルカンタイ217
景色も一変して、木々が生い茂り、植物も熱帯雨林チックな植物が生えてる。

一瞬にして、雪山からジャングルに。

サルカンタイ218
ジャングルなだけに、危険な動物も出没します。
ただただじーっと見てくるという攻撃でした。


サルカンタイ219
今日はここLos Andenesと言うキャンプ地でキャンプ。

標高3000mきってるから、夜もあんまり寒くない。

まだマチュピチュのマの字も見えて来ないけど、いつになったら辿り着けるのだろうか?
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトサルカンタイ峠

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。