上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝プーノを出発して、夕方にアレキパ到着。
いやー、標高下がったから暖かい。

そんな事はどうでもええか、とりあえず宿に向かうか。
バスターミナルからタクシーを使って街の中心へ。

とりあえず、街の中心地にある宿にチェックインしました。
Hostel La Reyna ドミトリー18ソル。


はぁ、今日は移動で1日終わり。ちょこっとだけ散歩して終了。

アレキパ5
でっかい教会がこの街のシンボルと見た!


晩御飯食べてから宿に戻って、テラスからアレキパの街並みを見渡す。
地震対策で、高い建物が無く、点々と教会が立ち並ぶ街並みで、なかなか良い雰囲気の街なんじゃなかろうか。

アレキパはペルーで2番目に大きな街で、街並みが世界遺産に登録されてます。
この街の古い建物は白い火山岩で造られており、それはそれは白い街並みだそうな。

翌朝、早起きして散歩に繰り出します。

ぶらぶらと宿から歩いてすぐの場所にあるサンラサロ地区へ。
アレキパで一番古い街並みが残っている場所です。

アレキパ1
見よ、この青空と白い建物。気持ち良いくらいの快晴です。

アレキパ2

アレキパ4
石畳の細道と、古いダットサンの車がこの街並みに良く溶け込んでました。ところでサイドミラーはどこいった?

サンラサロ地区、すごく小規模でした。
正直、もうちょっと広範囲かと思ってた…けど、まぁ良い雰囲気でした。


街の中心、アルマス広場に戻りましょう。

アレキパ7
人々であふれかえる広場周辺。
今日は車両通行止めにして、何か催し物をしてるみたいです。

アレキパ6
軍隊の催ししてました。
クスコみたいに民族衣装着て踊ったりとか、そんなんじゃ無いのか。


アレキパ8
アレキパの街並みはと言いますと、アルマス広場を中心として、碁盤の目状に整然と石畳の道が走ってます。
歴史地区内には白い教会や、ヨーロッパ的な重厚な建物もあり、綺麗な街です。
民族衣装を着てる人はあまり居らず、洒落たブティックやレストランが店を構えている。

一方、歴史地区外、市場方面へ行けば、ゴチャゴチャとした感じ。


アレキパ10



アレキパ9


1日中歩き回り、もう腹いっぱい。


翌日、アレキパには日本人に有名な宿があるので、そちらに移る事にします。
ちょっと寂しいので。

アルマス広場から北東に30分程歩いた所にあるサンドラの家へレッツゴーです。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトアレキパ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。