上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は半日のんびり過ごして、夜はたっぷり寝て、完全にリフレッシュ。
風邪も治ったし、

快調、快調、快調。

朝8時に出発します。
山奥に向かって歩き出します。
ポマバンバの町が標高3000m下回ってるから、今日は高低差1000m以上の登りか…

先ず目指すべき場所はJancapampa(ハンカパンパ)と言う場所。
人に聞けば大体教えてくれます。

しばらく車道を歩いて登って行くと、水路があるので、そこからは水路沿いに歩く。

平坦な水路沿いの道が終わるとそこからは川沿いの登りです。
まだ空気薄くないから、それほどキツくはない。

サンタクルス谷32
のどかな風景が広がって、のどかな時間が流れてます。
おばちゃんと一緒に羊を追いながらのんびり登る事にします。

急いで無いから、なるべくゆっくり疲れないようにね。

サンタクルス谷31
ひたすら牧歌的である。

サンタクルス谷34
もう一度言うが、ひたすら牧歌的であーる。


サンタクルス谷33


サンタクルス谷35
約4時間歩いてハンカパンパに到着。
ポマバンバからここまでずっと登りで、ここから正面に見える雪山の麓まではしばらく平坦っぽい。

ちょっとした集落があり、車道もあったので、ここまで車で来る事も可能なようです。

いつものパンとジャムで腹を満たしてから先に進みます。

サンタクルス谷37
正面に巨大な氷河が迫って来る。

サンタクルス谷36


ここからまた峠です。
ちょうど登りにさしかかった時に小雨が降り出したので、木の下でしばらく雨宿りします。

1時間程で止んだので出発。

最初から急な階段の様な登り。

その後は緩やかな登りを経て、平坦な盆地に出ます。
滝の落ちる見事な盆地から2段目の登り。

これまた急な2段目を登り終えると、起伏に富んだ地形の場所に出る。
この辺りで恐らく標高は4000m超えてるでしょう。
サンタクルス谷311
こんな場所。
人っこ一人居ないです。

3段目の登りが待ってるけど、もう時間も時間だし、これから峠越えるの無理。
この辺でキャンプします。

サンタクルス谷38
好奇心旺盛な牛達が様子を見に来たね。

テント壊すでないぞ!
食料に手を出すでないぞ!


サンタクルス谷地図6
本日の行程↑でした。



翌日。
天気は曇り。

何か足取り重たいなぁ。
朝一から登りです。ハッキリした道も無いので、適当に登って行きます。

どうせ峠の最高地点近くになれば道が出てくるから。
峠は山の弱点部分を通る。必然的にみんながそこを集中して通るので、道が出来るのです。

サンタクルス谷310
登り中。
ハー、ハー、空気薄くなってきた。

サンタクルス谷39
最後の登りは滑りやすい急坂。
終わりが見えてきたー、ラストスパートや!

牛達も峠を越えてるけど、野良牛か?

サンタクルス谷312
峠越えるとこんな景色。
いやー、曇ってるね~。雨降らんかったら良いけど。

サンタクルス谷313
峠を下ってHuillca(ウィルカ)到着。
何~にも無いです。人の気配も無し。
川を渡るとき、橋も無いので裸足になってジャブジャブ足を濡らしながら渡る感じでした。

ここから車道を歩きます。
ここまでも車で来れるん?
交通量全く無いけど。
結局1台も走って無かったので、公共交通機関は無いと思う。イヤ、はっきりと言いきる。無い!

サンタクルス谷314
今日も正面に巨大な氷河が見えてきた。
この谷をずーっと進んで行きます。

道はほぼ平坦でした。

ウィルカから1時間半程歩いて、道が湖方面、峠方面に分岐する辺りに到着して今日はここまで。

アルパマヨを見る為にここでキャンプです。
が、肝心のアルパマヨは雲の中。

サンタクルス谷315
明日は天気回復するでしょうか?
たのむで!


サンタクルス谷地図7
本日の行程↑
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトサンタクルス谷トレッキング6日目、7日目

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。