上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来たか、この日が。


朝4時半過ぎに宿を出発して、5分程歩いてバス乗り場へ行きます。

5時発のChiquian(チキアン)行き。20ソルだったかな?

2時間半バスに揺られます。んー、眠たいZzz…

ワイワッシュ1
すっかり夜も空けて7時半くらいにChiquianの町に到着。

ここから8時過ぎに出るバスでLlamac(リャマック)へ。

約1時間半ガタガタ道を進むと、Llamac村に到着。
ここで入域料20ソルを徴収されます。徴収係りがバスに乗り込んで来るので、避けられません。

ワイワッシュ山群のエリアは、集落毎に入域料を取られるシステムで、全部払うと結構な額を払う事になるらしい。

なので、集落を避けて進む&草むらに隠れて突破する事にします。

国立公園として整備してる場所とか、トレッカーに綺麗な水を提供するために家畜の進入を制限するとか、そういう場所ならば喜んで入域料を払いますとも。

入山時に入った人の名前を書いて、ちゃんとその人が下山して来たのか確認する。
そんなんでもなく、ただ単に「外国人が通るなら金取ったる。あとは知らん。」では払いたくありません。

山は汚しませんし、ゴミも捨てません。キャンプサイトも使いません。


誰の物でもない山に入らせていただきます。


出だしから登ります。
それほどキツくない峠を一つ越えて、

ワイワッシュ2
視界がひらけてきて、遠くに雪を被ったワイワッシュ山群が見えてきました。

よーし、テンション上がって来たでー!!

登りは終わり、平坦な道をルンルンと進みます。

ワイワッシュ3
谷沿いの道をひたすら真ーーっ直ぐ。

ワイワッシュ4
空には雲が浮いてるけど、どうなるかなー?
天候には恵まれて欲しいな。

ワイワッシュ5
湖が現れるので、そこも超えて行きます。

正面に見える山の近くまで行っちゃいましょう。行ける所まで行っちゃいましょう。


って思ってたら、もう日没間近。

そろそろテント建てる場所を決めないと!
しかし困った事に水場が全然無い。進めば進むほど無い。

そうこうしてるうちに、山の麓に来てしまいました。

ワイワッシュ7
湖はあるけど、降りられない。

重たいバックパックを置いて、周りを探索したけど、水のある気配無ーし。

ところで、この場所すごい絶景なんですけど。
だんだん山が夕陽に染まっていってるんですけど。

ちょっと水の問題は置いといて、山でも見て落ち着こか。

ワイワッシュ9
見事な三角形の形をしたYerupaja(イェルパハ)山。6634m。

ワイワッシュ8
左にJirishanca(ヒリシャンカ)、右にYerupaja(イェルパハ)
黄色と赤色に染まる山々に目を奪われ、カメラを片手に立ち尽くしてました。

しばらく現実逃避してから我に返ると、道が見えないくらい暗くなってきた。

アカンぞ、これはアカンぞー。


もうその辺にテントはって寝るか。

今夜は水を使えないので、料理出来ません。なので、パン食べて寝ます。
初日からひもじい…


1日目の行程はこちら↓ぐるっと時計回りに周ります。
ワイワッシュ地図1


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトワイワッシュ山群1

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。