上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日目、今日も朝一から峠越えの日。

ワイワッシュ27

ワイワッシュ28
荷物背負ってガンガン高度を上げて行きます。

ワイワッシュ29
もちろん休憩をはさみながら。

ワイワッシュ30
先は長いから、疲れを溜めないように。
時にはゴロゴロしながら休憩。

それにしても、ひたすら無人
来る人が少ないんかな?

静かなのは良い事だけど。

ワイワッシュ31
峠からのパノラマ。
風が強くて寒いので、岩陰でパンをかじってから下り始める。

ワイワッシュ32
登ったから、当然下ります。

で、本来のルートを外れて人家を避けてなるべく高い場所を進みます。

ワイワッシュ33
きっと先人達が通ったであろう道がちゃんとあります。
辿らせてもらいますけど、ちゃんとこの道は続いてるのか、変な方向に行かないか不安。

しばらく進み、人家を過ぎたので、湖沿いの道に出る事にする。
道はちゃんと続いてました。グッジョブ先人達。

ワイワッシュ34
無人地帯の湖沿いを歩きます。

ワイワッシュ35
前方にはJirishanca(ヒリシャンカ)山。多分。

べらぼうに格好良い模様してるな、しかし!
V字に刻まれた地層に雪が付いてますよ!これ!何かキツネみたいな形してますよ。


そんな事を思いながら湖を通り過ぎて、ここから本日2つ目の峠に挑みます。


ハー、ハー、ハァ~。キツイ!
峠がしんどいのは分かってるけど…キツイもんはキツイ。

ワイワッシュ36
さっきまで居た湖を遥かに見下ろす地点に到着。

尾根に出たから、ここが峠かな?
はて、道はどこ?崖しか無いんやけど。

登り道が目に入ってるけど、イヤちょっと待ってくれ、まだ登らせるつもりですか?
無視して別の道を探しました。入念に探しました。

結局登り道しか見つからず…あぁ登りますとも。

てっきり峠だと思って、ぬか喜びした。




ぬか喜びした場所から更に登って、今度こそ峠に着いたっぽい。

ここから谷に沿って進み、谷の奥の崖を登る…多分。地図見た感じではそんな感じ。

谷の奥を登る地点で道が無くなったけど、登るしか無ぇ!やるっきゃねぇ!

時間も時間だし、もう直登するしか無い!

手足をフルに使って、崖を登ります。三点支持で慎重にホールドを確かめながら登ります。
これはトレッキングのルートじゃ無いな。今日はどこで道を間違えたんかな?

ワイワッシュ37
崖を登りきった所を今日のキャンプ地とする。

地面は平らだけど、石がゴロゴロしてるので、どかして土の上にテントを建てます。痛いからね。

水場は近くにあったので快適な夜を過ごせそう。
イヤ、標高高いから寒そう。

では!
おやすみなさい。


3日目の行程↓
ワイワッシュ地図3

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトワイワッシュ山群3

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。