上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日目の朝を迎えました。

キャンプ地の標高が高い場所だったので、めっちゃ寒かった。
夜の間に少し雪が降ったみたいです。

ワイワッシュ40
天気はガス。
ガスの上には青空が見えたので、期待したけど結局曇りました。

ワイワッシュ41
時間が経つとガスは流れて行ったけど、空は曇ったまま。
朝飯食って、のんびりとテント乾かしてから出発しましょうか。


今日は朝から下り道。
地図を確認してルートを決めます。

ワイワッシュ42
等高線を見た感じ、このまま湖の先に進むと崖がありそうなので、迂回して隣の谷を下る事にする。
この判断がどうか吉と出ますように。


あと、この先にまた集落があるみたいなので、なるべく高い位置をキープして進みます。

Carhuacocha(カルワコチャ)と言う大きな湖と集落を見下ろしながら、進路をまた雪山の方へ向けます。

ワイワッシュ43
前方に見える湿地帯を越えて、山のすぐ近くを通るルートなわけやね。よしよし、行ってみましょ!

とりあえず湿地帯まで下らないとな。まぁ、進んで行ったらそのうち下るでしょう。


ある程度進んで行くと崖に行く手を阻まれるので、そこから一気に下る事になります。
体感傾斜45度以上あるので、ほぼ崖です。結局崖を下る事になるんやね。

もちろん道は無いので、草をつかんで体を支えながら慎重に下ります。


ふー、無事に下りきったー。

次はこの湿地帯と川を渡るわけやね。

ここも道は無いので、どこでも自由にペチャペチャと歩き、川を渡る。
橋も無いので、靴脱いでジャパジャパと渡る。

ふー、超えたー。

ここからは道があります。
集落を避けなければ、こんな苦労しなくても良いんですけどねぇ…

まぁ良いさ、この先全ての集落を避けるつもりだし。


一息ついてから、ゆるい登り坂を進みます。

ワイワッシュ44
こんな場所に人家が!
人住んでるのか分からんけど、ここも一応避けて通るか。

避けるついでに、メインルートよりも上の道を歩く事にする。
その方が見晴らしが良さそうだし、見た感じ崖で行く手を阻まれる事も無さそうだし。人が通った(たぶん)跡もあるし。


しばらく進むと、右手に湖が現れました。

ワイワッシュ45
断崖絶壁の岩山の麓にあり、エメラルドグリーンの湖面に白い雪?氷?の浮いた湖。


上の道にして良かったー。
下の道からは見えんかったやろな。

しかし、天気は依然として悪く、とうとう雪がちらつき始めた。
しょうがない、傘さして雨宿りしながらパンをかじります。

で、しばらくすると
ワイワッシュ47

晴れてきました。

ワイワッシュ46

”持ってる男”と呼んで下さい。


ワイワッシュ48
10分に1回は轟音と共に現れる雪の滝。
崖の上にある氷河から湖へと、頻繁に崩落を繰り返してました。

歩きながら何度も見ました。
たまに一際大きな轟音と共に大規模な崩落も起こして大迫力な光景でした。

雪の滝、見事でした。

ワイワッシュ49
それにしても、ココ凄い。

尖った山が整然と一列に連なってる。
その横に3つの湖も連なってる。

絶景を横目に1つ目の湖、2つ目の湖を過ぎて3つ目の湖へと差し掛かりました。

ワイワッシュ410
最後この3つ目の湖の横から道は峠へと向かって行きます。

また峠か~、疲れるな~。


が、しかし。
しばらく登った場所からの眺めがこれまた凄い!

写真撮ろうとするけど、収まらん。
あぁ、広角レンズ欲しい。

でも、
ワイワッシュ411
パノラマがある!
心強いパノラマが。

ワイワッシュ412
いやー、脱ぐよね。

太陽がポカポカして気持ち良い。
天気良くなりそうだったので、しばらく眺めてました。

ワイワッシュ413
最終的にここまで晴れた。

山の方から雲が流れて来たので、これ以上待っても無理かな。


名残惜しいけど、先へ進みます。
峠越えないと。

ふー、気合入れて登りますか!

ワイワッシュ414

ワイワッシュ415
峠に差し掛かる頃、山の方はすっかり雲ってました。

今日は”持ってる男”の日でしたね。

ワイワッシュ416
うかうかしてると日が暮れてしまうから、さっさと下ろ。

下った先にある平地が今夜の寝床かな。
水場もありそうだし。

ワイワッシュ417
キャーンプ!


4日目の行程↓
ワイワッシュ地図4

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトワイワッシュ山群4

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。