上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んーーーー快調快調!!
たっぷり食べて、たっぷり寝たからな!寒さもマシだったし。

天気は?

曇りか……

今日は山奥の峠を越える予定だから、ちょっと心配。

ワイワッシュ51
今日も集落を避けて人が通った跡をずーっと進みます。

遠くに一軒家が見える頃、ワンワンと犬の声が聞こえ始めました。

特に気にせずに進んでいると、犬がこっちに向かって来るではないか!


ガチで襲われました。

3匹の犬に囲まれました。今回は石を拾って投げてもひるまない勇敢な犬達でした。
きっちりと3方から囲み、正面の犬が威嚇して、背中側の犬が襲ってくると言うフォーメーションで。

何とか体だけは噛まれないようにグルグルと顔を回しながら、ちょっとずつ進みます。
ここで転んだら一斉に襲われるな。

時には岩に登って威嚇します。

何度かバックパックを噛まれたけど、体は無事でした。

15分ほど格闘したでしょうか。
犬達は一軒家に戻って行きました。


番犬恐るべし。


気をとりなおして、
ワイワッシュ52
地図を見た感じ、あの山のすぐ脇を通るルートだと思う。

道も不確かで、途中で消えたり、別の方向へ行ったりしてるので、カンを頼りに進む。


天候はどんどん悪化して行き、峠の手前でとうとう雪が降り出しました。


ガス&雪で何も見えん。

道はどこ?

峠の頂上っぽい広い平らな場所に出たので、岩陰でしばらく身をすくめて天候の回復を待ってみる。寒い!
とにかく体温を奪われないように丸くなる。

地図を確認すると、この先に氷河地帯があり、単独で超えるのは危険すぎる。
が、以前聞いた話ではちゃんとトレッカーにも超えられるルートがあると。

氷河の先端を回りこむルートで間違い無いハズだから、あっちかな?

何も見えん、地形も見えんから、先が分からん。

ヘタすると遭難してしまうぞこれはー!


慎重に慎重に進んで、誰かが歩いたであろう靴の跡発見!
それを辿って少し登り坂を登って


ワイワッシュ58
ここから下る。
道らしきものも見つかったので、これを辿って進む事にする。



しばらく下ると、雲の下に出ました。

はー助かったー。

ワイワッシュ54
天気良い時は綺麗なルートだったんだろうな。

今日は”持ってない”日でした。


とぼとぼ湖沿いの岩場を歩いて行くと、雲の中から突然とんがり山が顔を出した。
ワイワッシュ55
でっかい岩山です。

日没までまだ時間あるけど、今日はもうこの岩山の近くでキャンプしよっと。
なかなか良さげな場所もあったし。

ワイワッシュ56
時間と共にだんだんと晴れてきた。

パタゴニアの岩山を思い出させる光景でした。
天気に恵まれなかった今日1番の景色。

ワイワッシュ57
キャーンプ。


5日目の行程↓
ワイワッシュ地図5


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトワイワッシュ山群5

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。