上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。

今日も朝から峠超えが待っている。

サンアントニオ峠5000m超えです。昨日の峠も5000mくらいでした。
もうここまで来ると、4000mだろうが5000mだろうが変わらんしね。

ちゃっちゃとテント乾かして出発進行!

ワイワッシュ61
今日もなるべく高い位置にある道を探して進みます。
何となーく人の通った跡みたいなのを辿ります。

たいがい途中で途切れて、道無き道を進む事になるけど。

お馴染みの直登で崖を登り、不安定なガレ場を登り、平坦な場所に出た。
多分ここからメインルートに合流するんでしょう。

ワイワッシュ63
ちゃんと道も見つかったし、天気も良いし、景色も綺麗だし、のんびり腹ごしらえでもしましょうか。


もう一ふんばりだと思う。
ワイワッシュ62
あの目の前に見えてる坂を登れば峠でしょう。



最後の急斜面は、なかなかの辛さでした。

ゼーハーゼーハー言いながら登りきった先に飛び込んで来た景色は、忘れられない絶景でした。

突然目の前に広がった景色がー!


これーー!!



ワイワッシュ64

「ハァ~、ハァ~、、、マジか…」

一人でつぶやいてました。


俺はきっと、この景色を見るためにワイワッシュに来たんだな。と思えるような。

ワイワッシュ65
服は脱げませんでした。
日が照ってるけど、さすがに標高5000m超えて風もあるから、寒い。

ワイワッシュ67


ワイワッシュ66
もっと長く居座りたかったけど、30分で限界。
凍えてしまいそうなので、下山します。


砂と小石混じりの急斜面をザクザクと下ります。
ワイワッシュ68
綺麗な景色を見ながらザクザクと下ります。
よそ見し過ぎて転ばないように。


ワイワッシュ69
何で隣同士の湖で、こんなに色が違うもんかね。

水が流れ込んでる方の湖の色が何で変わらんのかね。

不思議湖と呼ぼう。


あんなに苦労して登った峠も、下りは見る見るうちに高度は下がり、湖を通り過ぎ、平らな場所に出ました。

ワイワッシュ610
振り返ると山の方から雲がどんどん流れて来てます。

ギリギリセーフ。

晴れてる時に峠越えて良かったー。
あと1時間遅かったら何も見えんかったかも。

”持ってる男”でした、今日は。


ここで久しぶりに人に会った。4日ぶりくらいか?
欧米人のトレッカーと情報交換しました。彼等は逆周りで行くみたいです。

先は長いぞー。て、俺もか。


さて、ここからは川沿いの道を下って行くわけやね。
川の右側か、左側か、どっちから行くかな?

”どちらにしようかな天の神様の言うとおり”で決まった、右側で行く!

ワイワッシュ611
だんだんと人間の生活領域に入ってきた。

畑とか石を積み上げた壁とかに進路を阻まれる事も多くなってきた。

申し訳無いけど、壁は乗り越えて、畑の端っこを通らせてもらいます。


道が無ぇ!
川の左側の方が楽だったっぽい。


随分進んだ所で、ちゃんとした道に出たので一安心して進み、今夜の寝床を探しながら歩きます。

行き着いたのは現在使われてない荒れ果てた畑。
水場近し!
石壁の脇なので、落石と風も避けられる!
地面は草だらけなのでフカフカ!
雪山から遠ざかり標高も下がって寒く無い!

良く眠れそうです。


6日目の行程↓
ワイワッシュ地図6


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトワイワッシュ山群6

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。