上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイルートを後にして、バールベック神殿へ行きます。進路は東へ。


昼頃に到着して、早速遺跡を見に行きます。
宿は遺跡のすぐ近くの宿にチェックイン。

バールベック14
もう見えてます。

入場料払って入場しましょう。

バールベック1

バールベック(バール=フェニキアの神、ベック=ここの土地の呼び名であるベカー高原)

名の通り、元々はフェニキアの神の聖地だった。
1世紀になるとローマ帝国によって神殿が建設される。

バールベック2

2世紀3世紀になると、さらにジュピター神殿、バッカス神殿が築かれる。

あっ!
言わずもがな世界遺産です。

バールベック3
階段を昇った先にあるのがバールベックの遺跡のシンボルとも言うべき列柱。

とにかく巨大です。太いです。
現在はこの6本の柱以外は崩れてしまって跡形も無いけど、ここにはジュピター神殿があったんだと。

でっかい神殿だったんだろうな。

バールベック5
大きさ伝わるでしょうか?

バールベック6
こんなんどうやって立てた?


バールベック4
ジュピター神殿のすぐ下にあるバッカス神殿。

こちらも巨大。

バールベック8
真ん中に立ってます。大きさ伝わるでしょうか?
ところで、屋根はどこ行ったんでしょう?

バールベック9
ふと見上げると、石の壁に19世紀の落書きが。
やる事変わらんなぁ~。

バールベック10
とにかく、全部の石が巨大でした。
巨人が造った神殿と呼ばれるのも分かる気がする。

バールベック11

バールベック12
スケッチブックを取り出して、久しぶりに絵を描きます。
日差しとの戦い。

バールベック7
↑コレのスケッチしました。1時間かかって描きあげて終了。


宿に戻ります。

バールベック13
静かな夜が更けていきます。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトバールベック神殿

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。