上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルに行きます。

イスラエルって独特と言うか、特殊と言うか何と言うか…
興味深い国?

イスラエル入国が…ちょっと面倒なんです。

先ず、パスポートにイスラエルの入国スタンプがあっただけで、いくつかのイスラム教国は入国拒否されるので、別紙にスタンプを押してもらうと言う、入国からして特殊。

パスポートへの入国スタンプを絶対に避けたい旅人が使うルートが、キングフセイン国境。

この国境を使えばヨルダン出国スタンプも押されなくて済むので、あとはイスラエル入国スタンプさえ押されなければイスラエル入国履歴を完全に消せるのです。

行きましょ!
またフミオ君と、新たにパーティに加わった京都出身の千春ちゃんと、3人でいざイスラエルの首都エルサレムへ!

キングフセイン橋(日本製)手前でヨルダン出国と言うか、紙切れもらって通過。
バスに乗って橋を渡ってイスラエル側のイミグレに到着。

国境では、マシンガン持ったカワイイ小娘たちが迎えてくれる。

荷物を検査に回して、さぁここから正念場です。

入国審査の小娘の機嫌をうかがいながら、質問に答えていきます。
「入国目的は?」「両親は何してるの?」「旅費は誰が出してるの?」「おじいちゃんの名前は?」……

結構すんなり終わりました。
運が悪い場合は、別室に案内されて何時間も質問責めにあう事もあるって聞いてたけど、大丈夫でした。
俺のパスポート、イランとかのスタンプ押してあるけど、それも大丈夫でした。

ここで忘れてはいけない
「スタンプは別紙に押して」と頼んでおきましょう。


無事スタンプ押されずにイスラエル入国出来ました。

荷物をピックアップして、国境から出てるミニバンで首都エルサレムに行きます。
車窓からは荒涼とした土地と、遊牧民のテントが見えました。

1時間半くらい走って、エルサレムに到着。

旧市街の目の前にあるパームホステルにチェックイン。

エルサレム1
宿のベランダからは旧市街の城壁が見える。
立地はかなり良いです。


エルサレム6
旧市街の外は基本的に他のアラブ諸国と変わらない雰囲気。
でも、少し先にある新市街の町並みはヨーロッパ。(行った事無いけど)


では、旧市街の内部へ入ってみましょうか。

エルサレム13
ダマスカス門から入ります。


真っ先に嘆きの壁を見に行きます。

壁の手前でセキュリティチェックがあり、厳重に警備されてます。

ユダヤ教徒にとって最重要な場所であり、世界の紛争の火種の一つである事は確か。
エルサレム2
エルサレムの町には3つの宗教(イスラム、キリスト、ユダヤ)が混住して
中でもユダヤ教徒はめっちゃ奇抜。
頭刈り上げて、もみあげだけクルクルと伸ばして、帽子被って、髭伸ばして、黒ずくめの服着て。
見た目ファンキーでも中身は超クール。目もあわせてくれません。
写真撮るのも何か怖いです。


エルサレム3
壁は真ん中辺りで男女別に分けられてます。
嘆きの壁で嘆く(祈る)黒い集団ユダヤ人達。とっても不気味でした。黒いマッチ棒がゆれてるような…何と言うか…マジで 。

エルサレム4
ユダヤ教徒ではない俺にとっちゃ壁はただの壁って分かってるつもりだけど、
不思議な緊張感に包まれた場所でした。


エルサレム5
それにしても軍人だらけ。小娘達ですら、マシンガン携帯。
絶対逆らわんとこ…

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトイスラエル入国

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。