上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルの出国はスムーズでした。
ちゃんとイスラエルに入国した形跡も残ってないので、ヨルダンを国内旅行してた扱いのハズ。

イスラエルの出国税30ドルくらい払いました。
そこはきっちり払わされるのね。


アンマン21

ヨルダンのアンマンに戻ってきました。


近くにあるジュラシュ遺跡を見に行きます。

ジュラシュ遺跡2
遺跡が町の中にあるって感じ。

なかなかの規模の遺跡です。ローマ帝国時代からの歴史もあるし。
世界遺産に登録されてないのが不思議なくらい…


ただね…

ジュラシュ遺跡1
飽きたの。

飽きちゃったんだー。ローマ遺跡…

ジュラシュ遺跡3

ジュラシュ遺跡5
おぉ!
恐怖の円形劇場。今回は迷いませんでした。

ジュラシュ遺跡4
ジュラシュ遺跡でした。



ハイ、翌日~!

死海。

アンマンから日帰りで行きます。フミオ君と一緒にタクシーチャーターで。

車はどんどん標高を下げて行き、1時間くらいで死海到着。

ここは地球の平均海面の下にある場所で、海抜マイナス418m。世界で一番低い土地です。

死海1
こちらが死海に面したアンマンビーチです。
有料だけど、シャワー浴びれるので。

死海8


いざ入水と思ったけど、何か見つけてしまいました。
人がいっぱい集まってるぞ!
死海5
何してるんかな?

死海2
泥パックでした。


入水します。
めっちゃ浮くらしいけど、本当にそんなに浮くんだろうか?

死海4
おおおぉ~

めっちゃ浮く!
体が浮きすぎて上手く泳げん。

死海水が目に入ると、かなり痛い目にあいます。目だけに。
死海水が口に入ると苦いです。

顔に塗った泥パックを洗い流そうとしただけでエラい目にあいました。
これは、ちょっとでも傷口あったらエラい事になるでしょう。

死海3
ベタやけど、やっときます。
”水に浮きながら本が読めちゃいます”ってヤツ。

死海7
胡坐かいても余裕で顔が出るくらい浮いてしまう。

すごく優雅で、ずっと浮いてたいと思うでしょう。

でもね、水に15分も入ってると、体がピリピリしてくる。
死海の塩分濃度、ハンパないとだけ言っておきましょう。


死海6

最後に真水のシャワーを浴びてから帰る事にします。
死海9
死海でした。

満足。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト再びアンマン、遺跡と死海へ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。