上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17時にカイロのトルゴマーンバスステーション発のバスで16時間。

エジプトの南の方にある町

アスワンに到着です。
アスワンハイダムとアブシンベル神殿が有名です。



アスワン4

太古の昔からナイル川の氾濫に悩まされてきたエジプトの人々は、ナイル川に大規模なダムを造る事にします。
これで水害に悩まされる事も無くなる。灌漑用水も確保できる。水力を使って発電も出来る。
良い事ずくめだと思われたが、しかし

ダムの上流にあるアブシンベル神殿がダム湖の底に沈む事になる
と言う事実に直面する事になりました。

そこで動きだしたのが
ユネスコです。
巨額の資金援助で、アブシンベル神殿をブロックで切り出し、そっくりそのまま沈まない場所に移動すると言う大工事が行われました。

これをきっかけに、貴重な遺跡や自然を保護する事を目的としてユネスコ世界遺産が誕生するわけです。



まぁ、アブシンベル神殿は後々行く事にして、とりあえず優先しないといけないのは、

スーダンビザ&フェリーのチケットを取る事!


朝9時アスワン着、ミニバスでアスワン市内へ行き、宿にチェックイン


ヌル・ハンHOTEL
シングル25ポンド、屋上で野良WIFI有り。朝食付き。



すぐに駅の北側にあるスーダン領事館へビザ取りに行く。

要るものは、
パスポート、写真2枚、パスポートのコピー、50ドル。
1時間ほどで即発給。
1ヶ月のシングルエントリービザ取得。


その足でフェリーチケット売り場でもみ合う。
40センチ四方ほどの窓口の穴に大量の人が殺到する。ちゃんと列なんて作るはずが無い。
すぐに喧嘩が始まる。ベルトを鞭にしてシバきあったり、落ちているブロックで殴ろうとしたり(さすがにそれはみんなで止めた)
喧嘩してる隙に少しでも窓口に近い場所を確保する。
それを何度か繰り返して、パスポートを窓口の人に渡せればゴール。

283エジプトポンドでフェリーチケット取得。

チケットには日付等は特に書かれてないので、きっといつでも使えるんだろう。


フェリーは毎週月曜日出港、今日は火曜日。

船待ち超ヒマやな…

アスワン7

毎日スーク(市場)をぶらぶらする日々。


アスワン1

だんだんと顔つきが変わってきました。
肌の色が黒い子供はヌビア人です。


アスワン3
一応アブシンベル神殿見学ツアー行っときました。
朝3時半にアスワン出発、7時頃到着して、2時間見学して、午後1時頃にアスワンに帰ってくるというスケジュールでした。




川を渡ってヌビア人の村へ行ってきました。

アスワン6

ヌビア人の集落の青い家

アスワン5

至る所に水瓶が置いてあって、人々は喉を潤します。
この水は誰でも飲む事が出来ます。



アスワン2

夜のスークは良い雰囲気で好き。


アスワン8

ロバってどうやって操ってるんだろうか?信号でちゃんと止まるし。人とか車もよけるし。
ロバは世界中で良く働く動物です。





そうこうしてるうちに、遂に決戦の月曜日が来るのでした。
スーダンへ向けて出港です。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト停滞

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。