上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンマンからバスで南へ3時間。
ワディムーサと言う町に移動です。

ぺトラ1
ひたすら荒涼とした大地が続く。

日没間際ににワディムーサ到着。

宿はヴァレンタインインにチェックインです。
ここは夕食のバイキング(別料金5ドルくらい)で有名な宿なので、バイキングをたらふく食べました。主にナス料理でした…

食後は、宿のオーナーに促されてインディジョーンズを観賞。
なぜこの映画を観るのか、それは明日になれば分かる。

ぺトラ11
宿のベランダから町の夜景が見渡せる。
明日はこの夜景の先にあるぺトラ遺跡へ。

ぺトラ遺跡とは、紀元前後に造られたナバテア人と言う謎の民族の都市。
キャラバン隊の中継地点に位置し、その税収で大変栄えたらしい。
後にローマ帝国の支配下となり、建築物はその影響を受けているものの、岩に掘られた建物は見ごたえアリとか。

そう、地面の上に築くプラスの建築と違って、地面(岩)を掘って築くマイナス建築には継ぎ目が無いのです。労力もハンパ無い事でしょう。掘ってしまったら、やり直しも出来ないし。
岩窟好きにはたまらん事でしょう。

世界遺産です。


朝7時、宿の送迎サービスで遺跡のゲートへ。今日もフミオ君と行動を共にします。
ゲートで入場料を払います。

2日間有効チケット26ディナール。約3500円。
高~!

まぁ良いさ、2日券やし、後で半額で誰かに売るから。

ぺトラ2
この谷をずーっと歩いて行きます。

ぺトラ3
崖と崖の間の狭い道を進むと見えてきました。

ぺトラ4
岩をくり抜いて造られたエルハズネと呼ばれる建物。

インディジョーンズの映画に出てきた建物。昨日の夜インディジョーンズ観といて良かったです。

残念ながら中には入れなかったので外からのぞくと、ガラーンとした部屋があるだけでした。


ここで終わりじゃない、まだまだ先に進みます。

山の方から回り込むルートで奥を目指します。
これだと、帰りは違う道通れるし。

ぺトラ6

暑い暑い中をトレッキング。


ぺトラ8
途中にいくつも岩窟建物があるので、ちょいちょい立ち止まります。
地面から天井に継ぎ目の無い見事な柱が伸びてます。ゾクゾクするな。

それにしても
この辺りの岩の模様って!

ぺトラ5
この辺りの岩の模様って!!!

ぺトラ7

赤身魚の切り身みたいで美味しそう!

ですよね?

ぺトラ10

ぺトラ9
人が住んでるんだねぇー。
生活出来るって事は、きっと岩の割れ目とかから水が出てるんやろうな。

ぺトラ13
1時間半歩いてエドディルに到着。

ぺトラ12
ここを最終地点として、折り返します。


ぺトラ14
王家の墓。

ぺトラ15
エルハズネに戻ります。
陽の当たり加減で朝とはまた違った印象でした。
スケッチしてから町に戻ります。
さよならぺトラ遺跡、暑かったよ。


チケットは宿に帰ってから韓国人のおっちゃんに売りました。


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトぺトラ遺跡

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。