上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日、いつもの様に宿の床でゴロゴロしておりました。
ダハブ102
ヒマなので何気無くコインを縦に積んでました。

3段目まで完成!
これ、結構時間を費やしてます。

アカン、これは末期症状が出て来たな。


ダハブを出て、旅人に戻る決心がつきました。

ダハブ103

ダハブ101
ディープブルーの改装、最終的にはこんな感じになりました。
なかなか快適な空間になったのではなかろうか。

ダハブ100
シェア飯も楽しかった。

ダハブ109
毎日々々、建設中のスーパーの床を磨いてた気さくなおっちゃん達。
壁が無いから、何度やっても次の日には砂だらけになってる床を一生懸命磨いてました。
壁出来てから床磨けば良のに、とアドバイスしてやれば良かった。

ダハブ107
ディープブルーのスタッフのWムハンマド。
トトロ(左)とマメ缶(右)。
あと、最高権力を有するアイマンと言う上司が居るんだけど、恐れ多くて写真撮れませんでした。

ダハブ108
ゼンさんのダチのアデル。とても大人しくて、シャイなエジプシャン。
ちょくちょくディープブルーに顔を出して、シーシャ吸ってました。

ダハブ106
おかみ!後の事は頼んだ。

ダハブ105
最後に我が師のゼンさん。安心して潜れたのはゼンさんのおかげ。
旅の事、魚の事、○○○軍の事、恋の事、ディープブルーの事、セブンヘブンの事、色んな話しました。
まだ見ぬ新しい大陸のマニアックな話を聞いて、旅のモチベーションは上がりっぱなしでした。

ダハブ104
ダハブでは色んな思い出ができたなぁ~。
また来よーっと。

じゃぁ、ちゃんと服を着て夜行バスでカイロに向かいます。
久しぶりにバックパック背負って不安で不安で…ちゃんと旅出来るでしょうか…
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトさよならダハブ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。