上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜行バスでワラスからトルヒーヨにやって来ました。

リマ、アレキパに次ぐペルーで3番目に大きな街です。
大都市なので、治安は良ろしくないでしょう。
なので、ワラスで緩みきった気を引き締め直したいと思います。


早朝にバスオフィスのターミナルに到着し、そのままワンチャコ海岸へ移動します。路線バスで40分くらい。

トルヒーヨ5
久しぶりに海を見た気がする。

宿は Esposo El Boqueronと言う宿にチェックイン。ドミ12ソル也。
ここでワラスで会ったシュウヘイ君と会い、セビッチェを食べに行く事に。宿の人オススメの店に行きます。

トルヒーヨ1
久しぶりに海鮮食べた気がする。
ボリュームもあり、めっちゃ美味しかったです。

トルヒーヨ3

トルヒーヨ2
ワンチャコの教会のあるちょっとした丘からは、太平洋に沈む夕陽が綺麗に見れました。


と、のんびり過ごすのも良いけど、仕事します。

トルヒーヨまで出稼ぎに。
路線バスで片道40分かけて。
トルヒーヨ7
中心の広場に面した水色の建物(Municipalidad)で演奏許可証を申請します。
許可証(Permiso)さえあれば、歩行者天国でも堂々と弾けるからね。

中に入って問い合わせてみると、違うオフィスで申請しないといけないらしく、ここから3ブロック程離れた環状線沿いのオフィスに出向き手続きを済ませました。

で、そこでもらった紙をまた中心広場のオフィスに持って行って許可証発行と…一箇所にまとめてくれたらええのに。
手数料無料、パスポートのコピー1枚必要、平日は即日発給でした。(土日はさんだので、その間は申請書類で弾いてました)

これでトルヒーヨの町の中心地にあるピサロ通りと言う歩行者天国で1週間弾ける事になりました。

トルヒーヨ4

さぁ!
仕事じゃー!!

稼ぎはそこそこです。
騒音も少ないし、音響も良いし、気持ちよく弾ける場所です。


ただね…宿からここまで来るのしんどい。
バス使わないとダメなので、行きも帰りも40分くらいかかってしまう。

でも、今後の為にここで頑張って稼いどかないと。

トルヒーヨ10

トルヒーヨ6
午前中はワンチャコでのんびり過ごします。

トルヒーヨ9


夕方からトルヒーヨに行って、ひとしきり稼いでから、夜にワンチャコに帰ってくると言うローテーションの毎日でした。
3日に1回は休日とする。

どう?仕事してるでしょう?


トルヒーヨ8
街の中心地にあるトルヒーヨのランドマークの黄色いカテドラル(教会)。


トルヒーヨ11

トルヒーヨ12
ワンチャコ海岸は波乗りスポットらしく、小さな子供達も波乗りしてるけど、海より山派の僕には魅力がわからず。

あ、あとチャンチャン遺跡って言うのも毎日バスから横目で見てたけど、結局行かなかった。
太陽のワカ月のワカにも行っておりません!
観光モチベーションレベル低下!

まぁええか。失った観光意欲もそのうち戻るでしょう。


さぁさぁ、次行ってみよー。
チクラヨ行って、タバコ買い溜めして、エクアドル行きます。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト仕事仕事~!

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。