上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兎にも角にもエクアドルの首都キトに到着です。

3回目の訪問です。


宿はホステルスクレにチェックイン。
ここ、居心地良過ぎて困る。
キト15,7
屋上からの眺めも良いし。

去年はキト祭りの期間中だったから、全然部屋空いて無くて大変でした。
今年は祭りも終わった後なので、部屋も空いてました。
キト15,6
祭りの名残か?


さて、一つやらなければならない事があります。
イスの製作です。

前々から二胡の演奏時に使うイスの必要性を感じてまして…

早速ホームセンターに材料を買出しに行って、一晩かけて作りました。

↓これです
キト15,1
脚は3本、ブラシ用の棒を使用。
座面の布はアマゾンのフェリー旅で使ったハンモックを切って使いました。
材料費1,5ドル也。

キト15,2
コンパクトに折りたためるので、かさばらな~い。

イス製作終了!
ついでに紙やすりも買って二胡の底に滑り止めとして貼っときました。

路上演奏場所について、
・Plaza Teatroなら許可無しでも大丈夫。
・メトロバスの停車場。
・セントロヒストリコのその他の場所は警察がうるさいです。夜の6時以降なら大丈夫っぽいけど、人通りは無くなる感じ。
・あと、週末のロンダと言う飲み屋街は夜7時頃から沢山の人達でにぎわってるので、良いです。
 ただ、ロンダの中心は騒音があり、警察もうるさいので、石の陸橋の外が良い感じです。

キト15,9
稼ぎも良いです。夜遅くなっても人通りが絶えないグッドな場所です。


キトでの生活は、散歩したり、二胡の練習したり、ネットしたり、気が向いたら仕事して、宿の屋上でマリオって言うおっちゃんと話してスペイン語を練習したり。

まぁ、基本的に引き篭り生活です。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトキトでの生活

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。